人工知能によりスマートフォンで撮影した農作物の異常を自動検知するアプリ「SCOUTING」

人工知能によりスマートフォンで撮影した農作物の異常を自動検知するアプリ「SCOUTING」

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2018/08/06
No image

ドイツの総合化学メーカー「BASF」傘下のデジタル農業ソリューションブランド「xarvio」がリリースする「SCOUTING(スカウティング)」は、人工知能(AI)による画像認識で農作物の異常や雑草などを検知するスマホアプリだ。

・スマホで撮影するだけで圃場での異常を自動検知

No image

「SCOUTING」は、対象となる植物をスマートフォンで撮影すると、ディープラーニング(深層学習)をベースとするアルゴリズムが、その画像から、植物の形や色などを自動で認識。

これにより、雑草を特定したり、害虫の種類や数を分析したり、疾病や葉の損傷を検知したり、作物の生育に必要な窒素の状態を示すことができる仕組みだ。

また、ユーザーが「SCOUTING」のオンラインプラットフォームで共有し合う圃場ごとの画像データをもとに、近隣の農地でどのような問題が発生しているのかを可視化する「RADAR機能」や、近隣で疫病や害虫が広がっている旨を自動通知する「アラート機能」も実装されている。

ユーザーは、「SCOUTING」がリアルタイムで提供する情報をもとに、農作物の健康な生育を効率的かつ適切に管理できるというわけだ。

・誰でも無料で利用できるデジタル農業ツール

「SCOUTING」は、2017年11月に欧州でリリースされて以来、農家や園芸愛好家を中心に、世界90カ国で5万8000人以上のユーザーが利用。

また、これまでに「SCOUTING」のデータベースに集約された雑草や疾病などの画像データは15万件で、2018年末までに、さらに10万件の画像データが追加される計画だという。

「SCOUTING」は、現在、iOS対応アプリとAndroidアプリとして提供されており、誰でも無料でダウンロード可能だ。(文 松岡由希子)

SCOUTING

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
保険ビジネスの課題解決目指す、メットライフのビジネスマッチングプログラム
Google製アプリは、設定を変えてもユーザーの位置情報を収集し続ける
安いのに付加価値が高い!プロも認めたドンキの生活家電5選
「ロケーション履歴」をオフにしてもGoogleはボクらの位置データを集めている。しかも、止めるのはめちゃややこしい
ドコモの不正ログイン被害、約1,000件発生!すぐに2段階認証の設定を
  • このエントリーをはてなブックマークに追加