3連覇狙う静岡学園は8発、選手権出場の清水桜が丘は11発発進。静岡16強決定

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/05/15

平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(三重)静岡県予選は12日と13日に1、2回戦を行い、ベスト16が決まった。

3連覇を狙う静岡学園高はDF武内魂の先制点を皮切りに大量8得点を奪って浜名高に8-0で快勝。選手権出場の清水桜が丘高は榛原高に11-0で大勝し、浜松開誠館高清水東高藤枝東高藤枝明誠高なども19日の3回戦進出を決めている。

[2回戦](5月13日)
静岡学園高8-0浜名高
焼津中央高 3-1 オイスカ高
飛龍高1-1(PK5-3)科学技術高
浜松湖東高 0-4常葉大橘高
藤枝明誠高6-1 伊豆総合高
聖隷クリストファー高 3-2 日大三島高
沼津西高 2-2(PK6-5)静清高
榛原高 0-11清水桜が丘高
藤枝東高7-1 静岡北高
浜松湖南高 0-3 東海大翔洋高
清水東高5-0 浜松工高
韮山高 0-0(PK3-4)袋井高
富士市立高 5-1 浜松北高
加藤学園高 1-0 浜松西高
富士宮北高 1-3 静岡高
沼津工高 0-3浜松開誠館高

[1回戦](5月12日)
静岡城北高 1-1(PK4-5)浜名高
静岡北高 2-1加藤学園暁秀高
磐田北高 0-2 沼津工高

[3回戦](5月19日)
静岡学園高- 焼津中央高
飛龍高-常葉大橘高
藤枝明誠高- 聖隷クリストファー高
沼津西高 -清水桜が丘高
藤枝東高- 東海大翔洋高
清水東高- 袋井高
富士市立高 - 加藤学園高
静岡高 -浜松開誠館高

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジャンポケ太田「今年こそは優勝したい!」「キングオブコント2018」
天理と智弁学園の2強構図は変わらぬ宗教校のライバル対決【奈良・2018年度版】
健大高崎・山下 驚がく高校通算71号 右翼手一歩も動けず「少し詰まった」
元ソフトB捕手の田上氏が監督就任 母校の大産大付高野球部 指導法は“少し”上から目線
「MAJOR思い出した」「そのまんますぎ」 アメフト問題で注目、人気野球漫画のワンシーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加