医学系都市伝説『壁に耳あり』

医学系都市伝説『壁に耳あり』

  • リアルライブ
  • 更新日:2017/12/06
No image

提供:リアルライブ

これはある有名医大に伝えられている都市伝説である。

あるクラスで遺体の解剖実習が行われる事になった。

「おい、今日はいよいよ解剖実習だせ」

「なんだが気分がのらないよね」

「俺って実は血ってだめなんだよな」

医学生とはいえ、今回が初めての解剖実習である。朝から、皆一様に緊張していた。中には顔色が変わっている生徒さえいる。

「なんだい、みんな、お通夜みたいにさ〜」

「おっA君、随分と張り切ってるな〜」

「当たり前じゃん、いよいよ俺達、本格的に医者になるわけだし」

クラスのお調子者A君だけ、妙にはしゃいでいた。どうやら、日頃からクラスのムードメーカーであった彼は仲間の緊張をほぐす為に、冗談を連発していたのだ。

(仲間の緊張をほぐす為とは言え、なかなかA君のやつ気が利くな)

仲間たちは、A君の気遣いに感謝していたという。

ところが、実習も後半に入った時、異変が起こった。突然A君が、メスを持ち出すと、遺体の耳を切り取ったのだ。

「うひゃうひゃうひゃ、これからおもしろい事やるよ」

A君は虚ろな目で、へらへら笑いながら、血だらけの耳を壁に貼り付けてこう言った。

「壁に耳あり…なーんちって、ひゃひゃひゃ」

唖然とする仲間を尻目にA君は、奇怪な行動を続けた。今度は目玉をえぐり、ドアにあてるとこう言ったのだ。

「障子に目あり!!ひゃひゃひゃ」

「おい!やめろ!誰かこいつをとめろ!」

止めにかかる数人をふりほどくと、A君は、誇らしげに奇妙な行動を続けた。そして、更に遺体の口を引き裂くと、

「死人に口なし」

最後に遺体の手足を切断し、

「手も足も出ず」

とやってしまったのだ。

A君は全身血まみれで、惚けたように笑っている。極度の緊張の為、精神的に堪えられなくなり、A君はおかしくなってしまったのだ。

その後、彼は退学したという。

(監修:山口敏太郎事務所)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
某人気芸人、各局が一斉に起用自粛か...収録中にキレて制御不能、ウケる若手許せず
元SMAPの3人に亀裂!?草なぎ剛がふと漏らした再分裂の「兆候」
「浜崎よりもひどい!」音楽関係者が激怒する“ワガママ放題”アーティスト3人とは?
かつて「世界一美しい少女」と呼ばれた6才児 → 10年後にこうなった / 再び「世界で最も美しい顏」に! ティラーヌ・ブロンドーさん(16)
「完全に主夫」「嫁の印税で食べてる」「勝ち組」......芸能界“ヒモ”と呼ばれるタレントは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加