キャサリン妃 ツワリで静養中も1か月半ぶりに公の場に

キャサリン妃 ツワリで静養中も1か月半ぶりに公の場に

  • Techinsight
  • 更新日:2017/10/11
No image

待望の第3子を妊娠したものの、ツワリの症状が酷く静養を続けていたキャサリン妃。その妃がこのほどバッキンガム宮殿に姿を現し、意外にも元気そうな様子でゲストらと対面した。9月4日の妊娠発表からまったく姿を見せることのなかった妃だが、今は一番辛い時期も無事に乗り越えたもよう。お腹も少々ふっくらし、明るく素敵な笑顔も非常に印象的だ。

激しい嘔吐や吐き気が続く酷いツワリに苦しみ、長男ジョージ王子の初登校も付き添えず悲しんだというキャサリン妃。その妃が現地時間10日、妊娠発表後初めて姿を現し、久々に見せる明るい笑顔で英国民をおおいに喜ばせた。

キャサリン妃や夫ウィリアム王子、義弟ヘンリー王子が登場したのはバッキンガム宮殿で、「World Mental Health Day」を祝う特別レセプションに参加し、3人が「メンタルヘルスに対する偏見を無くしたい」「メンタルヘルスケアへの意識を高めたい」と立ち上げた団体“Heads Together”のキャンペーンにて尽力してきた人々と対面した。

また気になるキャサリン妃の今の体調だが、側近はこう語っている。

「キャサリン妃の体調は良くなってきていますが、今もツワリは続いています。」
「ですが、今晩ここに来られたことをとても喜んでおられます。」

現在「妊娠12週にもなっていない」と噂されるキャサリン妃だが、お腹は少々ふっくらしている。ツワリの症状が軽減したからか、顔色も悪くはなく体重も落ちたようには見えない。ちなみにこの日、妃が着ていたのはTemperley(テンパリー)という人気ブランドのもので、妃や妹のピッパさんも同ブランドの大ファンだという。淡いブルーのドレスであることから「お腹の赤ちゃんは男の子?」という声、また「今回も女の子だと思う」といった声も多くあがっているが、性別が明らかになるのはもう少し先かもしれない。

画像は『Kensington Palace 2017年10月11日付Instagram「This evening The Duke and Duchess of Cambridge and Prince Harry joined guests at a reception at Buckingham Palace.」(PA)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外セレブカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コリン・ファース、性的虐待を知りながら沈黙していた自らを恥じる
英ヘンリー王子&恋人、エリザベス女王と宮殿でお茶
トムとケイティの娘スリ、年相応のガーリー・ファッションに絶賛の声
マイリー・サイラス、髪が伸びてアイドル時代に戻ったみたいと絶賛!
ブラッド・ピット、32歳年下のアンジェリーナ似の女優に夢中?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加