「中国の南シナ海・独占危機」に、アメリカ・リーダーシップを取り警告

「中国の南シナ海・独占危機」に、アメリカ・リーダーシップを取り警告

  • Global News Asia
  • 更新日:2019/08/24
No image

資料写真 南シナ海の地図

No image

資料写真 南シナ海の地図

No image

資料写真 南シナ海の地図

2019年8月24日、南シナ海には、世界と地域に最も重要な地戦略的な問題がある。第一に、南シナ海は太平洋とインド洋を結び、ヨーロッパとアジア、中近東とアジアの航海路にある。毎日500隻の船舶が通行して南シナ海は世界第二の混雑海域だ。世界の3分の1原油、世界の50%の天然ガス。そして東南アジアの60%輸出貨物が通過する。

第二に、南シナ海には多くの島々がある。特にパラセル諸島とスプラトリー諸島が戦略的防衛と軍事供給基地として利用できる。

最後に、南シナ海には莫大な石油資源と豊かな漁業資源と多様な海洋生物が生息している。

南シナ海は現在のホットスポットで、多国間の領土紛争問題があり、長い間、世界一複雑な海域でもある。

6カ国もが主権を争い:ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、台湾と中国。この中で、中国は長い間一方的に、冒涜な行為を行って一歩づつ南シナ海を独占する意図がある。今まで中国はスプラトリー諸島に6環礁と岩、パラセル諸島の2島を改造し、3000メートル級の滑走路を建設、軍事施設を建造、軍隊を常駐させた。そのほか中国は近隣諸国の船舶と設備を破壊、擾乱、脅威の行為をたびたび行う。

この3カ月の間、中国はフィリピンの漁船Gemvir-1を衝突させ沈没。溺れる22人漁民を救助しないで通り去った。

マレーシアのEEZ内Luconia浅瀬に侵入し、嫌がらせをし、マレーシアの石油掘削リグSapuraEsperanzaの活動を邪魔する。

実弾とミサイル発射の演習を行なう他、海洋調査船「海洋地質8号」は、中国海洋警察と民兵船の警護の下に、南シナ海のベトナムの排他的経済水域、大陸棚バングアド浅瀬(VanguardBank)付近で、違法な調査活動を続行している。南シナ海は地域と世界の安全保障、航海と航空安全にとって重要であり、関連国々と国際社会は中国の一方的、冒涜な行為に対して積極的に敢然な対応をすること。特にアメリカの発言や実地の行動は、重要な役割を占める。アメリカ政府は常に南シナ海において、平和、安定、安全保障と自由航行を守るため、中国の危害な行動に強く反発する。中国の海洋地質8号がベトナムの排他的経済水域、大陸棚バングアド浅瀬(VanguardBank)付近で、違法な調査活動のために侵入したことに対して、アメリカの国務長官、アメリカ下院の外交委員会委員長、政府のスポークスマンは、すぐに懸念を表明して同時に、中国はベトナムの石油開発に介入して、ベトナムの主権と合法権利を侵害することを非難する。

中国の攻勢行動には、各国際会議においてアメリカの最優先事案になり、凶暴な行動を糾弾する。中国の交際法律を無視と見なして共に国際社会に法律と規定に基づいて、規律を維持することを訴える。アメリカの国会議員も下院に「南シナ海及び東シナ海に中国を懲罰する」法案の提出を呼びかける。2015年末から実地において、アメリカは自由航海保障(FONOP)の作戦を行って、航空には中国が占領したスプラトリー、パラセル諸島にB52爆撃機を旋回させ、USS Lassen戦艦がスプラトリー諸島中国が改造したMischief岩とSubi岩の12海里内に入って巡行し中国の野望に挑む。

2019年8月に入って、中国の海洋地質8号がベトナムの排他的経済水域、大陸棚バングアド浅瀬(VanguardBank)付近に違法な調査活動を侵入した事件に対して、アメリカは空母USS Ronald Reagan とエスコートの船団、航空機を南シナ海に巡行させて「通常の航海巡視」を実施した。

南シナ海においてアメリカは紛争当事国ではないが航海巡視行動によって関連国々に明確なメッセージを伝えた。アメリカはこの海域に利益があり、そのため平和、安定、安全保障、自由航行を固く守る。日本は9割の商業活動を海路に依存するので、この地域に日本を含めアメリカの同盟各国が断固な決意で中国に臨む。自由航海保障(FONOP)の作戦に直接の参加はしないが、日本は南シナ海の平和、安定、安全保障、自由航行のために、アメリカとの演習を常に行っている。中国の海洋地質8号の事件によって、関連国々と世界社会は高い関心を持ち、中国の横暴が止まるよう働きかけることが肝要だ。アメリカのアプローチと実地行動の政策と、各国の反応は南シナ海の平和、安定、安全保障、自由航行にとって重要な保証の役割がある。遠くない将来、中国が南シナ海を独占して自由航海、航空を国際法律を無視している現状を変えるには一致団結して、中国に挑むしかない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国・文在寅、ここへきて「支持率低下」に追い詰められた本当のワケ
韓国、米国大使を侮辱で“反米国家”に...在韓米軍撤退の動き、ウォン安が通貨危機に発展も
見た目はそっくりなのに! 「なぜ日本人は一目で中国人を見抜いてしまうのか」=中国
「花輪を贈る」日本の習慣は「嫌がらせ?」 日中でまったく「逆」の習慣=中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加