本能寺の変、徳川幕府誕生...あの歴史的大事件の裏でも暗躍!? 猫又たちが花のお江戸を縦横無尽に駆け巡る畠中恵の最新作

本能寺の変、徳川幕府誕生...あの歴史的大事件の裏でも暗躍!? 猫又たちが花のお江戸を縦横無尽に駆け巡る畠中恵の最新作

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2020/01/24

『猫君』(畠中恵/集英社)
 人の世を20年生き抜いた猫は、人の言葉を話すようになり、尻尾がふたつに割れた猫又となる。そして人の姿に化けて、長い長い時を生きていくのだ――。
あわせて読みたい:恋あり謎ありあやかしあり…アニメ化も話題のお江戸ファンタジー最新刊!
 という、猫好きにはたまらない設定で描かれる畠中恵さんの最新小説『猫君』(集英社)。畠中さんといえば「しゃばけ」や「つくもがみ」シリーズを

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加