共同通信社の記者 非公開会議を録音したとして処分

共同通信社の記者 非公開会議を録音したとして処分

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/06/13
No image

動画を見る(元記事へ)

共同通信社の記者が先月に加計学園が愛媛県庁を訪問した際の取材で、非公開の会議を録音したとして処分されました。

共同通信社の松山支局の記者は先月31日、加計学園が「安倍総理大臣と加計理事長が面会した」というのは虚偽報告だったと愛媛県に釈明した際、冒頭以外、取材が許可されていなかったにもかかわらず、ICレコーダーを録音状態にして椅子の上に置いたということです。録音は大阪支社社会部の先輩記者にその場で指示されたためで、「従わざるを得ない」と思ったということです。共同通信社は「不適切な取材をした」として大阪支社の記者を譴責(けんせき)の懲戒処分に、松山支局の記者を厳重注意処分としました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大阪・高石市の化学工場で火災 消防車15台が出動
「6月21日大地震」怪情報にご注意を ネットで急拡大、南海トラフ不安あおる眉唾予言
【緊急】東京・足立区 つくばエクスプレス駅構内に刃物男 逃走中!
【衝撃事件の核心】元検察官が同僚宅に21回侵入...裁判官もあきれ果てた動機
舗装工事中の道路で居眠り中の犬、アスファルトに埋められロードローラーでひかれる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加