最新ランキングをチェックしよう
ビシクロブタン合成能力をもつ細菌が遺伝子操作によって誕生 - Caltech

ビシクロブタン合成能力をもつ細菌が遺伝子操作によって誕生 - Caltech

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/04/16

カリフォルニア工科大学(Caltech)の研究チームは、環状構造の有機分子の一種であるビシクロブタン(C4H6)を大量合成することができる細菌を遺伝子操作によって作り出すことに成功したと発表した。

ビシクロブタンはさまざまな有用物質を化学合成するときの出発材料として利用されるが、自然界にはほとんど存在せず、合成が難しかった。研究論文は科学誌「Science」に掲載された。

ビシクロブタンは環状

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アルツハイマー病の診断はなぜ難しいのか?
GoogleのAIが新薬の開発を加速!95%の精度でタンパク質結晶を識別するアルゴリズム
ヒッグス粒子の観測技術を使ってレントゲン写真をカラーに!CERN開発のX線撮影技術
遺伝子編集技術、予想以上にDNAを損傷 英研究
ブラックホール発生マシン「CERN」の性能が10倍アップすることが判明! ダークマター粒子も生成、パラレルワールドの謎も解明へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加