最新ランキングをチェックしよう
ビシクロブタン合成能力をもつ細菌が遺伝子操作によって誕生 - Caltech

ビシクロブタン合成能力をもつ細菌が遺伝子操作によって誕生 - Caltech

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/04/16

カリフォルニア工科大学(Caltech)の研究チームは、環状構造の有機分子の一種であるビシクロブタン(C4H6)を大量合成することができる細菌を遺伝子操作によって作り出すことに成功したと発表した。

ビシクロブタンはさまざまな有用物質を化学合成するときの出発材料として利用されるが、自然界にはほとんど存在せず、合成が難しかった。研究論文は科学誌「Science」に掲載された。

ビシクロブタンは環状

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】植物も“痛み”を感じている可能性が浮上!  植物を殺して食べる行為は残酷か...最新研究から考察!
必要に迫られて造ってしまった日産「リーフ」のピックアップトラック 今日は何の日: #9月21日 を振り返る
5億5800万年前の化石、脂質で「最古の動物」と判明 研究
iPSで難病治療、血液でも... 京大の臨床研究を了承
ESA、火星への往復で暴露する宇宙線量を生涯限界の6割と報告。従来予測より軽減
  • このエントリーをはてなブックマークに追加