最新ランキングをチェックしよう
出版不況の中、大手書店企業は増収 なぜ?

出版不況の中、大手書店企業は増収 なぜ?

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2016/11/30

出版不況が続く中、出版社などの収入が落ち込む一方、売上高が100億円以上の書店運営企業は増収になっていることが帝国データバンクの調査で分かった。大手は電子書籍との連携やカフェの併設など、紙の本の販売という本業に加えて運営を多様化していることが背景にあるとみられる。
出版関連企業(2528社)の2015年度総売上高は約4兆8867億円。前年度からマイナス3.6%、金額にして1805億円減少した。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レストランは休業中 川越シェフが「世の中から忘れてもらいたい」
営業年数、店舗の広さ、立地、閉店しやすい飲食店の特徴
ファミマ社長、突然の「一身上の都合」退任の裏に複雑な事情...伊藤忠、最大の課題
年収の高い人ほど、「住宅ローン」選びに失敗しない納得の理由
台湾メーカー開発「エヴァ初号機」スクーターが日本上陸! 反響次第で正式販売へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加