中国の汪洋副首相「北朝鮮とは核問題で対立」と発言、中国メディアは報じず

中国の汪洋副首相「北朝鮮とは核問題で対立」と発言、中国メディアは報じず

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/12/07
No image

中国の汪洋副首相「北朝鮮とは核問題で対立」と発言、中国メディアは報じず

中国の汪洋副首相は1日、同国を訪問した公明党の山口那津男代表に対して、北朝鮮について「核問題のために双方の立場は対立」と述べた。中国メディアは同発言について報道していない。写真は平壌。

産経新聞など日本メディアによると、中国の汪洋(ワン・ヤン)副首相は1日、同国を訪問した公明党の山口那津男代表に対して、北朝鮮について「核問題のために双方の立場は対立」と述べた。中朝関係についての注目すべき発言だが、中国メディアは同発言について報道していない。

山口代表は、北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐって日中間の連携強化を呼び掛けたとされる。汪副首相は「中国と朝鮮(北朝鮮)の間には過去において血で固めた関係があったが、現在は核問題のために双方の立場は対立するものになっている」と述べたという。

中国にとって北朝鮮は、米韓など西側勢力に対抗するための「緩衝地帯」として地政学的に大きな意味があり、北朝鮮の崩壊は絶対に容認できない。一方で、核保有国として国際社会で「特権を公認」されている中国にとっては、北朝鮮の核兵器保有も認めることができない事態だ。

中国は、国連安保理の制裁決議を厳格に実施するとして北朝鮮に圧力をかけると同時に、米国などによる独自制裁には反対し、自国と北朝鮮は「伝統的な友好関係」があることを強調しつつ、米韓に対しては朝鮮半島における軍事演習を停止し、対話への道を探るべきと主張している。

汪副首相は「チャイナ・セブン」とも呼ばれる中国共産党中央政治局常務委員であるだけに、北朝鮮と「対立」とする発言は注目される。また、胡錦濤前国家主席につながる共青団派の政治家で、比較的開明的で気さくな性格の持ち主とされているが、その一方で、発言について「考えが足りない」として批判されることもある。

多維新聞網や新唐人など中国国外に拠点を置く華字メディアは汪副首相の発言を一斉に取り上げたが、中国の国内メディアの報道は見当たらず、報道規制が行われている可能性が高い。(翻訳・編集/如月隼人)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本と中国の高速バスを比べてみた!あまりの違いに中国ネットは「悪意を感じる」
来日した韓国野党代表、成田空港での指紋採取を拒否し入国=「男の中の男」「文大統領とはレベルが違う」と韓国ネットから称賛続々
金正恩が遵守する「金正日の遺言」全文公開(1)「これを手放せば国が滅びる」
「国政介入事件」の朴前大統領友人、“予想外”の求刑に悲鳴上げる=「やっと国民の気持ちが分かった?」「検察はもっと冷静になるべき」―韓国ネット
文在寅大統領の第1の敵国は日本?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加