最新ランキングをチェックしよう
なぜマルクスは宗教を「民衆のアヘン」と批判したか

なぜマルクスは宗教を「民衆のアヘン」と批判したか

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2016/11/30

なぜ宗教は「民衆のアヘン」なのか?
ソ連が崩壊してから25年になるが、共産主義理論の創始者であるマルクスの名前は今でも有名だ。もっとも主著『資本論』をはじめ、マルクスの著書は知られていても、実際に読んだ人は少ない。
マルクスが宗教を「民衆のアヘン」と批判したことは何となく知られているが、それがどの著作であるかということを知っている人はほとんどいない。
21世紀になって、共産主義の影響はほとんど無く

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スマホを持たない女子高生が触っていたものは? 「切なくて泣きそうになった」「数年前までやっていた」と共感集まる
キラキラネーム、みんなの思い「親のせいで一生苦しむ」「親の愛情が反映されている」
なぜ「熟女AV」は今もなお売れ続けているのか? アダルトビデオメーカー美人広報がその要因を分析
顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加