最新ランキングをチェックしよう
なぜマルクスは宗教を「民衆のアヘン」と批判したか

なぜマルクスは宗教を「民衆のアヘン」と批判したか

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2016/11/30

なぜ宗教は「民衆のアヘン」なのか?
ソ連が崩壊してから25年になるが、共産主義理論の創始者であるマルクスの名前は今でも有名だ。もっとも主著『資本論』をはじめ、マルクスの著書は知られていても、実際に読んだ人は少ない。
マルクスが宗教を「民衆のアヘン」と批判したことは何となく知られているが、それがどの著作であるかということを知っている人はほとんどいない。
21世紀になって、共産主義の影響はほとんど無く

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「日本女性はトイレの音が恥ずかしくて『音姫』と呼ばれるノイズ装置を使っているけど、どう思う?」海外の反応いろいろ
ブスの本懐!ブスが美人に見える10の掟
若い人は知らない「昔はあたり前にタバコが吸えた場所」9連発!
声出しエッチ禁止!子供が産まれたら「デキなくなる」重大問題3つ
初エッチのとき困惑...彼のアソコが「大きすぎた」ときの対処法4つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加