最新ランキングをチェックしよう
なぜマルクスは宗教を「民衆のアヘン」と批判したか

なぜマルクスは宗教を「民衆のアヘン」と批判したか

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2016/11/30

なぜ宗教は「民衆のアヘン」なのか?
ソ連が崩壊してから25年になるが、共産主義理論の創始者であるマルクスの名前は今でも有名だ。もっとも主著『資本論』をはじめ、マルクスの著書は知られていても、実際に読んだ人は少ない。
マルクスが宗教を「民衆のアヘン」と批判したことは何となく知られているが、それがどの著作であるかということを知っている人はほとんどいない。
21世紀になって、共産主義の影響はほとんど無く

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【実録】「はじめましてで即エッチ」なんでこうなった!驚きの経験談
スタバでMacを笑う人に反論「仕事をしているだけなのに...」
頭に入れておくだけで人間関係が劇的に楽になる「魔法の数字」
【劇的変化】腹筋ローラーを1カ月続けてみた結果
【こんなはずじゃ】予想完成図とは程遠い結果に終わってしまった料理写真15選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加