最新ランキングをチェックしよう
なぜマルクスは宗教を「民衆のアヘン」と批判したか

なぜマルクスは宗教を「民衆のアヘン」と批判したか

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2016/11/30

なぜ宗教は「民衆のアヘン」なのか?
ソ連が崩壊してから25年になるが、共産主義理論の創始者であるマルクスの名前は今でも有名だ。もっとも主著『資本論』をはじめ、マルクスの著書は知られていても、実際に読んだ人は少ない。
マルクスが宗教を「民衆のアヘン」と批判したことは何となく知られているが、それがどの著作であるかということを知っている人はほとんどいない。
21世紀になって、共産主義の影響はほとんど無く

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
もし私が10歳の日本人なら...世界的投資家の「驚愕の問いと答え」
外国人「日本の1円硬貨には世界で唯一の特徴があるらしい...試したらホントだった!」
白人女性からファーストクラス搭乗を疑われた黒人男性の切り返し
新婚クライシス:ケンカの理由も忘れて機嫌をとる夫と、“夫婦の在り方”に悩む妻。男女間の思考のズレ
ホームから人が転落... 居合わせた人の行動に「頭おかしい」「怖い」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加