新田真剣佑の役作りに共演が脱帽「ストイックさすごかった」

新田真剣佑の役作りに共演が脱帽「ストイックさすごかった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/04/18

俳優の東出昌大(30)、新田真剣佑(21)が17日、都内で行われた映画「OVERDRIVE」(羽住英一郎監督、6月1日公開)スペシャルステージおよび完成披露舞台あいさつに出席した。

No image

映画「OVER DRIVE」イベントに出席した新田真剣佑

あいにくの雨となったが、六本木ヒルズアリーナで行われたスペシャルイベントには多くのファンが集結。キャストがレッドカーペットに登場するやいなや、大歓声が送られ、新田は「雨で寒いけど、みなさんがとても温かく迎えてくれたのでうれしい」と感謝した。

公道を全開失踪で駆け抜ける自動車競技「ラリー」に情熱を注ぐ若者たちの絆と愛を描いた物語。主人公の整備士、檜山篤洋を東出、篤洋の弟で天才ドライバーの直純を新田が演じている。東出は「この年になると仲良くなることは難しいけど、太陽のような真剣佑は会った瞬間ハグしてくれて『アニキ、よろしくな』って言ってくれた」と回想し、新田も「アニキに抱きつくしかないなって思って。(兄役が東出で)よかった」と笑顔を浮かべた。

新田のライバルドライバーを演じた北村匠海(20)は「最初この映画のお話いただいた時、真剣佑のライバル役と聞いて、体を鍛えなきゃと思って当時から5キロ増やしたんです。いざ現場に行ったらもっとすごい真剣佑がいて脱帽した。ストイックさがすごかった」と新田の役作りに感服。続けて、羽住英一郎監督(52)も「ラリードライバーのドライビングスーツは作るのに時間がかかるので、採寸の時は(新田の体に)タオルを巻いていたけど、結果(採寸どおりの)体を作ってきた」と明かした。

撮影は北九州にて、約1ヶ月間敢行。羽住組は「お祭りのような一体感をもって撮る組みだった」という東出は「200%自信を持って人にすすめられる。いい気持ちになって帰れる映画はなかなかない」とできばえに胸を張った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「スター・ウォーズ」シリーズ初の黒人女性監督誕生
来日中のスピルバーグが自身の原点明かす、宮崎駿との対話にも言及
『インクレディブル・ファミリー』の日本版声優、前作キャストの続投が決定!
「くまのプーさん」が実写映画化!特報映像が到着!
『レディ・プレーヤー1』映画オマージュ・元ネタ超徹底ガイド!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加