ヤマハ、欧州向け新型スクーター XMAX 300 を発表...新開発エンジン搭載

ヤマハ、欧州向け新型スクーター XMAX 300 を発表...新開発エンジン搭載

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/19
No image

ヤマハ発動機は、欧州向け軽量スクーターの新製品『XMAX 300』を2017年3月より発売する。

欧州の126~300ccスクーター市場は欧州全体で約9万台の需要があり、通勤用途を主体に安定推移が見込まれている。今回発売するXMAX 300は、スタイリングと走りの良さで好評だった『XMAX 250』の後継モデルだ。

XMAX 300は、“MAXimize, commuting FUNction”のコンセプトのもと、走る楽しさと実用機能を調和させ、グローバル展開を担える製品として開発。優れた加速性能と環境性能を発揮する新設計の水冷BLUE COREエンジンを179kgの軽量ボディに搭載し、スポーティな走りを実現する。

スポーツバイク同様のテレスコピックフロントフォークを採用するほか、ABS、TCS(トラクションコントロールシステム)を装備し、快適な運転を支援。ヘルメット2個収納できるシート下トランクや、キーを取り出すことなくメインスイッチ操作が行えるスマートキーなど、利便性も高めている。

デザインは、MAX シリーズの特徴である“ブーメラン"モチーフや2眼ヘッドライトを進化させつつ、“X"をモチーフにしたフェイス&テールを採用、細部の仕上げや質感にこだわった。

価格は5499ユーロ(約63万2000円)。製造はインドネシアのグループ会社YIMMが行い、グローバルモデルとして、欧州のほか世界各国への展開を予定している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Pokemon GOに追加の「第2世代ポケモン」、詳細は12月12日(米国時間)に発表へ
脱ぐとき凄かった。サソリの脱皮シーンを早回しで(節足動物注意)
ドローン操れぬ自衛隊の時代遅れ度 「駆けつけ警護」に死角あり
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
ユニクロ潜入記者 横田氏解雇される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加