神戸「芝」日本初ハイブリッド化 開幕前に完成予定

神戸「芝」日本初ハイブリッド化 開幕前に完成予定

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14
No image

ハイブリット芝にするため、ノエスタに植えられた人工芝(撮影・小杉舞)

ヴィッセル神戸の本拠地ノエビアスタジアム神戸で13日、日本の競技場で初めて使用される「ハイブリッド芝」の施工が始まった。

天然芝に3・9%の割合で人工芝が植え込まれる。J1開幕前の20日に完成予定。芝が剥がれにくいため故障も減り、欧州では幅広く導入されているという。W杯ロシア大会の6会場のハイブリッド芝も担当するオランダ・SISGrass社が工事を行い、神戸は練習場にも導入する。同社のイボ・ラモット社長は「(天然芝のみのピッチより)約2倍の耐久性がある」と説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
どう見てもレーシングマシン!?なのに公道を走れる国産スーパーカー『IF-02RDS』【今すぐ買える!普通じゃないクルマ&バイク】
パチンコホール、「出玉規制」で倒産激増?ヘビーユーザー離れの危機、大手は異業種参入も
コインチェック、「お答えできない」のオンパレード...超高学歴集団の実像
絶対に会社を潰す"ダメ社長"3つの傾向
ドコモのハピチャン、3月はマックのグランバーガーをプレゼント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加