福留が阪神3人目の全球団本塁打も完敗に無言

福留が阪神3人目の全球団本塁打も完敗に無言

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/06/15
No image

日本ハム対阪神 8回表阪神無死一塁、福留は右翼越え2点本塁打を放ちベンチのナインとタッチする(撮影・加藤哉)

<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム11-3阪神>◇14日◇札幌ドーム

阪神福留孝介外野手(41)が8回に5号2ランを放った。すでに8点のリードを許していた展開だったが、ゲームセットまで諦めないスイングを披露した。

8回無死一塁。内角高めにきた143キロ直球をバットに乗せた。内角球にうまく対応し、全身を回転させて捉えた打球は、右翼席に吸い込まれるように着弾。

“あと1本”に迫っていた。日本球界で261本目のアーチは、ついに日本ハム戦で飛び出した。これでNPB史上33人目となる全球団本塁打を記録。阪神では05年に金本知憲、08年に新井貴浩が達成して以来、球団3人目の快挙だ。

それでも試合後は敗戦の悔しさをにじみ出し、言葉を発することなくチームバスに乗り込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホームラン歴代3位・門田博光の「清宮幸太郎分析」がおもしろすぎる
ソフトB川瀬がプロ初1軍遠征
1体357万円!ロッテ、『謎の魚』等身大人形発売 石川「僕は結構」
ロッテ 等身大「謎の魚」ボブルヘッド357万円! 限定先着1体
北海道日本ハム・斎藤佑樹が“定期的に先発”できるワケ......「入団時に交わされた密約」とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加