レッドソックスがファレル監督を解任、アストロズとの地区シリーズで敗退

レッドソックスがファレル監督を解任、アストロズとの地区シリーズで敗退

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/10/12
No image

17MLBプレーオフ、ア・リーグ地区シリーズ(5回戦制)、ボストン・レッドソックス対ヒューストン・アストロズ。退席処分を受けてダッグアウトから通路へ向かうボストン・レッドソックスのジョン・ファレル監督(2017年10月9日撮影)。

【AFP=時事】米大リーグ(MLB)のボストン・レッドソックスは11日、ジョン・ファレル監督を解任した。レッドソックスは9日にプレーオフのリーグ優勝決定戦進出を逃したばかりだった。

レッドソックスを率いた5シーズンで通算432勝378負の成績を収め、2013年にはワールドシリーズ制覇を成し遂げたファレル監督は、2018年まで契約を残していた。

しかし、レッドソックスのデーブ・ドンブロウスキー編成本部長は、プレーオフのア・リーグ地区シリーズでヒューストン・アストロズに1勝3敗で敗退したことを受け、チームは新たなリーダーシップを求めたと解任理由を明かしている。

「組織改良のために変革をする最適なタイミングだと考えた。物事を動かすために様々なことを考慮している。シーズン中は年がら年中観察している。それに基づいて決断する」

「自分としてはこの時点で何かを変えるのがベターだと考えた。だから変化によって前に進むことに決めた」

55歳のファレル監督は、がんの治療のため2015シーズン終盤の6週間ベンチに入ることができなかった。

レッドソックスが出した声明でファレル監督は、「いい時も悪い時もこの仕事のすべての瞬間を楽しんできた。人生において毎日これほどの情熱が生まれる身分はほとんどないと言っていい」とコメントしている。

今季レッドソックスは、93勝69敗で9度目のア・リーグ東地区優勝を果たした。ファレル監督の下でレッドソックスは、2013年と2016年にも地区優勝を果たしている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
強くなるには「チームの和」 選手の性格もデータ化
ダルビッシュで3連勝&WS進出王手へ ド軍監督「信頼は大幅に増している」
前田健太も「秘密兵器に」 カブス監督が“異次元”ドジャース救援陣に重圧
ヤンキース「現実的でない」劇的逆転勝ちで2勝2敗
前田健太、圧巻の好救援をMLB公式サイト特集 ド軍監督も感謝「何とも贅沢」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加