春夏連覇に挑む大阪桐蔭、福井主将が先制弾!/高校野球

春夏連覇に挑む大阪桐蔭、福井主将が先制弾!/高校野球

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/11

第99回全国高校野球選手権大会第4日第4試合(大阪桐蔭-米子松蔭、11日、甲子園)史上初となる2度目の春夏連覇に挑む大阪桐蔭は一回、2番・福井主将が米子松蔭の先発・辰己から右越え本塁打を放ち、1点を先制した。

二回は先頭の5番・山田が遊撃内野安打で出塁すると、続く6番・根尾の左中間適時二塁打で1点を追加した。

四回は二死から7番・坂之下が四球を選び、8番・泉口の中前打で一、三塁。9番・徳山の左前適時打で3点目となった。

先発の徳山は五回一死まで米子松蔭に1人の走者も許さない好投で、この回まで1安打無失点。大阪桐蔭はその裏、福井が中前二塁打で出塁。3番・中川の一邪飛の間に三進すると、4番・山本が左前適時打。山田の右前打で一、三塁となり、捕逸の間に三走の山本が生還し、この回2点を奪った。

試合は五回を終えて5-0で大阪桐蔭がリードしている。

No image

1回、本塁打を放った大阪桐蔭・福井=甲子園球場(撮影・甘利慈)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】メジャーNO1捕手モリーナ、驚愕送球で盗塁阻止「ワオ!」「とてつもない」
中居も驚愕、巨人軍のリッチすぎる秘話
2000安打目前、阪神・鳥谷が打率.571の大当たり...17年第21週投打5傑【セ編】
野村ジェームス4強弾!花咲徳栄、埼玉勢初Vへ打倒・東海大菅生
花咲徳栄、東海大菅生を打ち負かし隊!野村「打ち合い負けない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加