水卜麻美アナ、“ほっそりミトちゃん”になる?「恐怖だった」初挑戦を振り返る

水卜麻美アナ、“ほっそりミトちゃん”になる?「恐怖だった」初挑戦を振り返る

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/10/12

水卜麻美/モデルプレス=10月12日】日本テレビの水卜麻美アナウンサーが11日、都内で実施された同局系アニメ『タイムボカン 逆襲の三悪人』(毎週土曜夕方5時30分~)のアフレコおよび囲み取材に出席した。

No image

(写真 : 水卜麻美アナウンサー (C)モデルプレス)

【さらに写真を見る】水卜麻美アナウンサー、本人役で声優に挑戦!完成したキャラクターが可愛い

◆水卜麻美アナ、“エア食レポ”に初挑戦

同作に本人役で登場する水卜アナは、キャラクターのビジュアルを指しながら「すごくスタイルがいい感じと、ちょっとほっそりした感じに描いていただけて。多分、気を遣っていただけたのかなって」と冗談を加えながら笑顔。

劇中で披露している食レポに話が及ぶと、「(水卜アナがアシスタントを務めていた)『ヒルナンデス!』で食レポをやらせていただいていたので、その感じのままでってお話をいただいたんですけど、本当にたまたま、お話をいただいてからこの(アフレコの)本番までの間に(『スッキリ』に)番組移動という…」と裏話を披露した。

「(『スッキリ』に移動してから)まだ1週間ちょっとなんですけど、(食レポを)全くやらない職場になったので、今日懐かしいな…というか。久しぶりに『おいしい』的な感じのことを言ったなと思って、ちょっと懐かしい気持ちもあって楽しかったです」と撮影を回顧。

また、映像だけ観て「おいしい」と言う“エア食レポ”は『ヒルナンデス!』の6年半でも1度もなかったという水卜アナは、自らの声でラーメンをすする音を表現していることも告白。「あとから本当にラーメンをすするか、そういう効果音があるんだと思ったら『口で(音出しを)やってくれ』となって(笑)。それは1回もやったことなかったので、恐怖だった」と明かした。

◆「スッキリ」初日のエピソード明かす

さらに「お昼ご飯を充実させていることに命を懸けている」という水卜アナ。

ランチにまつわるエピソードを問われると、『スッキリ』への移動初日にアナウンサー仲間にイタリア料理店に連れて行ってもらったことを明かし、「財布を抱えて、混んじゃうから猛ダッシュしてそこに行くっていうのをやったら、すっごい楽しくて!ランチ競争を勝ち抜いた感じが(笑)」と笑顔で話した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
田中美佐子の“蕎麦の食べ方”にドン引き!? 「行儀悪い」「女優イメージ崩れた」と呆れた声
ベッキー、「当然のような態度」でアンガ田中との交際を拒絶して批判殺到!
清水良太郎、「キメセク常習疑惑」「電マ性癖」醜態の数々――風俗嬢の暴露で「復帰はアウト」
安田大・クロちゃん 南キャン山里「不毛な議論」で「しん」連呼、「カオス」「神回」
元SMAP『72時間テレビ』GLAY出演決定に”業界内がザワめく”理由とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加