中居正広「俺、長生きするかな」に医師のリアクションは?

中居正広「俺、長生きするかな」に医師のリアクションは?

  • ザテレビジョン
  • 更新日:2018/11/04
No image

「金スマ」で医師が教える正しい食べ方を特集

11月2日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で、医師が教える正しい食べ方を特集。これまでの常識を覆す解説や健康の秘訣(ひけつ)を紹介し、MCの中居正広が「ちょっとネジゆるいくらいがいいんですね」と語る場面があった。

【写真を見る】中居正広と石橋貴明が共演する「UTAGE!」は11月7日OA

67万部のベストセラー「医者が教える食事術 最強の教科書」(ダイヤモンド社)の著者、医学博士の牧田善二氏が、医学的エビデンスに基づいた食事法を紹介。第3弾となる今回は友近、田中美奈子、柴田理恵の食事を牧田医師が解説した。

番組冒頭、食パンとクロワッサンではどちらが太らないかというクイズが出題され、中居は「クロワッサンはやっぱりバターが多い…」と切り出すと、工場の製造過程を見たことがあるという友近は「すごいですよ、量が!」とバターの量に驚いたと明かした。しかし、太らないのはクロワッサンだという。

中居は「まだね、僕もまだ信じてないですからね先生の言ってること。試したことがないので結果出てないですけど」と怪しんだ様子。

これには「試してみたらいいのに」と室井佑月。糖尿病の室井は毎日血糖値を測っているが、この食事法を試したところ「血糖値がまるで上がらない」と体験談を語った。

牧田医師によれば、カロリーと肥満は関係なく、太る原因は糖質。バターは糖質が少なく、バター100gでくるみ1個分と同等。バターの脂が胃をコーティングするため、糖質の吸収を抑えることができるという。

クロワッサンにはバターが多く含まれているため、食パンよりも血糖値の上昇を抑える効果が期待できると解説。食パンを食べるならば、バターを塗って食べる方がオススメだと紹介した。

柴田の食生活に密着した際に、わさびをしょうゆで溶いていたがこれは間違いだと牧田医師。わさびに含まれるイソチオシアネート化合物には血流を改善する効果が期待できるが、水溶性のためしょうゆに溶くことで流れ出てしまうのが理由。

また、「実は今年になってお酒が体に良いという研究結果が出ました」と牧田医師は語る。1週間に摂取するアルコール量は100g以下であれば、脳卒中や動脈瘤、心臓疾患などのリスクが低くなると紹介。ワインならば1週間にグラス5杯(1杯175ml)程度、缶ビールならば1週間で7本(350ml)が適量だという。

最後に「ストレスを抱えるくらいなら健康を気にする必要なし!」と牧田医師の言葉を紹介すると笑いが起こったスタジオ。

「ストレスがいろんな病気の原因なわけです。過度のストレスを避ける、これが一番大事なことです」とのコメント。中居は「ちょっとネジゆるいくらいがいいんですね、人間」「ちょっとばかな方がいいんでしょ?」と聞くと、「そうです」と牧田医師はきっぱり。

「俺、長生きするかな?」との中居のつぶやきに、牧田医師がうなずくと「俺のことばかだと思ってるでしょ(笑)」と中居がツッコミを入れていた。

SNSでは「このシリーズは勉強になる」「さっそくやってみよう」という声の他、「中居くん長生きしてね」などの声も寄せられていた。「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」は毎週金曜夜8時57分から放送。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
出会って10分でディープキス 性欲にまみれた渋谷ハロウィンの裏側がヤバすぎる
【実話】街で偶然クロちゃんに遭遇! イメージ以上にいい人でマジでビビった!!
娘と100均で買い物していただけなのに... 店員の「まさかの一言」に言葉を失う
【納得】「不倫してみたい有名人ランキング」が発表される → 女性1位がわかりすぎるッ!
徴用工とかBTSとか「バカな韓国のせいで最近普通に生きづらい」という在日韓国人の愚痴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加