向井理がマタドール姿に 映画『RANMARU 神の舌を持つ男』劇中カット公開

向井理がマタドール姿に 映画『RANMARU 神の舌を持つ男』劇中カット公開

  • ORICON STYLE
  • 更新日:2016/12/01
No image

映画『RANMARU 神の舌を持つ男』で向井理がマタドール姿に (C)2016 RANMARUとゆかいな仲間たち

俳優・向井理が主演する映画『RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編』(12月3日公開)で、主人公・蘭丸(向井)のマタドール姿の本編カットが公開された。

【画像】坊ちゃんヘアスタイルに丸眼鏡の主人公・蘭丸

本作はTBS系連続ドラマ『神の舌を持つ男』の映画化作品。舌で舐めるとすべての成分を分析することができてしまう特殊能力=「絶対舌感」を持つ男・朝永蘭丸と奇想天外なキャラクターたちが温泉を舞台に事件を解決するという世界観はそのままに、ドラマ版と同じく堤幸彦氏が原案・監督を務める。

夏のドラマ放送時にはイケメン俳優として知られる向井の“坊ちゃん”ヘアスタイルが話題になったほか、これまで劇中の“金田一”コスプレ姿が公開されている。今回公開されたのはマタドール姿では、どんなシーンで登場するのかますます作品への謎が深まる。どんな衣装でも抜群のスタイルで着こなす向井に、堤監督が「さすが9等身」と褒めちぎり、「8.5等身です」と向井が答えることがネタになっているそう。本作は温泉を舞台に事件を解決するギャグ・ミステリー作品とあって、堤幸彦監督の奇想天外な演出が見どころだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
折り紙のような野生動物が室内を駆ける! 人間と自然の関わりを描いた動画「Paper World」が秀逸
まだ見ぬ明日。映画で描かれた滅亡後の世界の景色まとめ
監督の安齋肇が「変態だ」初日に遅刻、みうらじゅん「もう僕が撮ったことにして!」
【映画評】海賊とよばれた男
劇場版『モンスト』が封切り メインキャスト感慨「ここまで来れた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加