シュワルツェネッガー演じる最強の殺し屋を倒せ 「キリング・ガンサー」7月公開

シュワルツェネッガー演じる最強の殺し屋を倒せ 「キリング・ガンサー」7月公開

  • 映画.com
  • 更新日:2018/04/18
No image

70歳のシュワちゃん、最強の殺し屋に (C)2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD. ALL RIGHTS RESERVED (C)2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED

アーノルド・シュワルツェネッガーが命を狙われる最強の殺し屋を演じた「キリング・ガンサー」が、7月14日から新宿バルト9、梅田ブルク7ほかにて日本公開されることが決まった。

シュワルツェネッガー扮する殺し屋ガンサーが、自身の命を狙う暗殺者たちと戦いを繰り広げるさまを描くアクションエンタテインメント。新進気鋭のヒットマンのブレイクは、世界最強の殺し屋といわれるガンサーを倒し、その座を手に入れようと、各国から個性豊かな凄腕の殺し屋たちを集めて打倒ガンサーのチームを結成し、追跡を開始。そんなブレイクたちに対してガンサーも猛反撃し、次々と仲間が倒されていく中、ブレイクは何とかガンサーのアジトを突き止めるが。

航空機事故で妻子を失った男を演じた「アフターマス」や、ゾンビ化していく最愛の娘を守ろうと苦闘する父親を描いた「マギー」など、近年は重くシリアスな作品が続いていたシュワルツェネッガーが、往年の代表作「トゥルーライズ」などを彷彿させるコミカルな演技と、迫力のアクションを披露。御年70歳とは思えぬ鍛え上げられた肉体で、伝説の殺し屋役に説得力をもたせている。

米人気コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」出身で、「テッド2」や「ミュータント・タートルズ」にも出演したコメディ俳優のタラン・キラムがブレイク役を演じているほか、監督・脚本・製作も兼ねた。また、「アベンジャーズ」シリーズのマリア・ヒル役や、「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」でトム・クルーズの相手役を務めたことで知られ、キラムの実生活のパートナーでもあるコビー・スマルダースが共演している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
映画評論家が映画を撮ることの意義~『青春夜話』切通理作監督に訊く~
ガンダム史上最もセクシーなヒロインランキング
劇場版「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」発表 「UC(ユニコーン)」の続編描くガンダムシリーズ最新作
【ネタバレなし】これは“大人のための”コナンだ 「名探偵コナン ゼロの執行人」7つの魅力【最速レビュー】
木梨憲武“就職斡旋”の若者、さっそく伊勢谷らに会う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加