萩野公介、ライバルに敗れ3位も「次につながる」

萩野公介、ライバルに敗れ3位も「次につながる」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/08/11
No image

男子200 メートル 個人メドレーで銅メダルを獲得した萩野(右)は記念撮影に臨む(撮影・山崎安昭)

<競泳:パンパシフィック選手権>◇第3日◇11日◇東京辰巳国際水泳場

男子200メートル個人メドレーで、2016年リオ五輪金メダルの萩野公介(23=ブリヂストン)は、1分56秒66で3位にとどまった。

9日の400メートル個人メドレーで敗れたライバルのケイリシュ(米国)にリベンジを果たすつもりだったが、返り討ちにあった。それでも「悔しい思いもあるが、次につながる」とさばさばとした表情で話した。

まさに9日の再現のようだった。前半は積極的に飛ばし、先頭に立ち引っ張ったが、得意の背泳ぎで「ちょっと力んでしまった」と話したようにいつものような伸びを欠き、ライバルが得意とする平泳ぎで一気に突き放され、最後はラーキン(オーストラリア)にまで交わされた。「手と足がバラバラになってしまった」と反省が口をついた。

ただ、400メートル個人メドレーも含め、積極的なレースを展開したのは、20年東京五輪を見据えてのもので悲観の色はない。約1週間後に迫ったジャカルタ・アジア大会では、敗戦を糧に金メダルを奪いにいく。

瀬戸大也(24=ANA)は4位とメダルを逃した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
筋トレ男子:「今の方が圧倒的にモテます」。ガチで肉体を磨き始めた男に訪れた、意外な変化
気配がしないと思ったら... 思わぬところで寝転んでたフェレット兄弟
hitomi、水着姿を披露で悩み吐露「お腹ぽっちゃり...」
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!
山口・2歳男児を発見した男性に「飴玉あげないで!」 相次ぐ批判に「始末が悪い」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加