阿武咲、稀勢に黒星も土俵であらたな教え受け笑顔

阿武咲、稀勢に黒星も土俵であらたな教え受け笑顔

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

突き落としで稀勢の里(左)に敗れた阿武咲(撮影・菊川光一)

<大相撲九州場所>◇2日目◇13日◇福岡国際センター

念願の初顔合わせは一瞬で終わった。

阿武咲は立ち合いで、稀勢の里得意の左四つを封じるため、右を固めて頭からぶつかった。だが、おっつけから体勢を崩し、両手を土俵についた。「考えていた立ち合いではなかった。右を固めたところ、おっつけられた。相手が全然上ということ」と、足が滑ったように見えた一番にも力の差を痛感していた。八角理事長(元横綱北勝海)も「滑ったのではなくて気負いから。足が動かなかったということ」と、心身ともに稀勢の里が一枚上手だったと解説した。

それでもあこがれの存在との一番を終え「すごいうれしかった」と、笑顔を見せる場面もあった。幕下に陥落した昨年、当時大関だった稀勢の里に巡業や出稽古で胸を借りた。「相撲は下半身で取るものと教わった」と、先場所まで新入幕から3場所連続2桁白星という初の快挙につなげた。

十両から陥落した当時を「1度は終わったと思われた人間」と評する。そこから「テレビの中の世界の人」と思っていた稀勢の里がつくってくれた再起への道筋。176センチの新小結は、11センチも大きな恩人と土俵上で向き合うところまでたどり着いた。「いろいろ足りないと思った。やるべきことを毎日一生懸命やるだけ」。土俵でまた新たな教えを受けた阿武咲は、すがすがしい表情だった。【高田文太】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日馬富士の貴ノ岩暴行問題、始まりは錦糸町での口論
ビートたけしが目撃した相撲部屋の実状を激白 「大鵬も半端じゃないと言ってた」
張本氏、日馬暴行で貴乃花親方は「自分に手をかけたのと同じという感覚」
日本相撲協会、暴行問題で貴乃花巡業部長の責任追及...冬巡業に帯同させず
焦点は「貴乃花親方」に移った 日馬富士問題、続く非難と憶測の応酬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加