『ウォーキング・デッド』マイケル・カドリッツ、新作コメディで父親を演じることに

『ウォーキング・デッド』マイケル・カドリッツ、新作コメディで父親を演じることに

  • 海外ドラマNAVI
  • 更新日:2018/02/14
No image
No image

大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』。シーズン4から登場したエイブラハム役でお馴染みのマイケル・カドリッツが、米ABCの新作コメディのパイロット版に主演することが明らかになった。米Hollywood Reporterらが報じている。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』印象的な"死に方"ランキング10(ネタばれ)

『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』や『Last Man Standing(原題)』などの脚本として知られるティム・ドイルが製作するタイトル未定のこのコメディは、1970年代のアメリカが舞台。マイケルは、1950年代の保守的な価値観を持つ労働階級のマイク・ドイルを演じる。

アイルランド系カトリック一家の大黒柱であるマイクは、伝統的な母親との間に8人の破天荒な息子がおり、一家はアメリカ激動期の大なり小なりの変化をうまく切り抜けて暮らしていく。家長であるマイクは、ベトナム戦争に対する不満や学生運動に上手く対処するために、教会や政府を頼っているという設定だ。

マイケルは、『ウォーキング・デッド』の他に、『サウスランド』のジョン・クーパー役や『バンド・オブ・ブラザース』のブル・ランドルマン役でも知られている。その他には、『LOST』や『WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!』、『プリズン・ブレイク』などにゲスト出演してきた。

『ウォーキング・デッド』とは全く違ったファミリコメディで、どのような父親を演じるのか楽しみだ。今後も続報が入り次第お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:マイケル・カドリッツ
(C)FAM020/FAMOUS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジュディ・オング『なんでも鑑定団』に持参した宝が驚きの鑑定結果に!
SFで超少子化社会描く...エミー賞総なめの海外ドラマって?
ドラマ「不倫食堂」田中圭と体重ねる人妻役に安達祐実、今野杏南ら4名
元SMAP3人に憧れて!? 山下智久がジャニーズ退所決意か
深田恭子「隣の家族は青く見える」の出産シーンであり得ない描写が
  • このエントリーをはてなブックマークに追加