高畑勲さんと“ジブリの森”でお別れ...宮崎駿監督号泣「パクさんを忘れない」

高畑勲さんと“ジブリの森”でお別れ...宮崎駿監督号泣「パクさんを忘れない」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/05/16

4月5日に肺がんのため死去したアニメーション監督、高畑勲さん(享年82)のお別れの会が15日、東京・三鷹の森ジブリ美術館で開かれ、ともに日本アニメ界を牽引した盟友、宮崎駿監督(77)や一般ファンら約3200人が参列した。宮崎監督は故人の初監督作品「太陽の王子 ホルスの大冒険」の製作に参加。完成に3年を要した大作で苦楽をともにし、「僕らは精いっぱい、あのときを生きたんだ」と号泣した。

ジブリ映画「火垂るの墓」などで知られる恩人との別れに、宮崎監督は黒縁の眼鏡を外して涙をぬぐった。

高畑監督は東映動画(現・東映アニメーション)時代、よくパンをパクパク食べたことから「パクさん」の愛称で親しまれた。故人の死去後、初めてコメントした宮崎監督はあいさつで「パクさんの教養は圧倒的だった。僕は得難い人にめぐり会えてうれしい」と感謝した。

2人は同社の先輩後輩で、出会いは55年前の1963年。宮崎監督は「黄昏時のバス停で、僕は(同社近くの)練馬行きのバスを待っていた。そこで声をかけてくれたパクさんを忘れない」と声をつまらせた。

その後は組合の仕事などで親交を深め、宮崎監督は故人の初監督作「太陽の王子 ホルスの大冒険」(68年)で新米アニメーターとして背景画などを担当。当時、休日出勤は許されず、作画枚数や製作日数まで制限される厳しい状況だった。

それでも「パクさんの粘りは超人的だった。会社の偉い人に泣きつかれて、脅されても踏ん張っていた」と述懐。自身も「タイムカードを押さなければいい」と作品作りに情熱を燃やした。

完成に約3年を要した大作について「なんという圧倒的な表現、なんという優しさだったろう。感動ではなく驚愕にたたきのめされた。これをパクさんは表現したかったのだと初めて分かった」

世界的巨匠になっても自ら絵コンテも手がけるなど妥協を許さない宮崎監督の姿勢は、高畑監督から受け継がれていた。

遺影は2010年、緑の木々をバックに撮影された写真が飾られた。祭壇は宮崎監督の「野に咲く花たちで囲みたい」との意向で、あじさいなど21種類の草花約2000本で埋め尽くされた。

長男で会社員、高畑耕介氏(50)は亡き父について「昨年4月に手術を受けてから、発熱、咳、味覚障害に苦しんだが、今年2月まで講演会などを精力的にこなしていた」と説明した。

宮崎監督は1カ月かけてあいさつ文を作成。あいさつの練習をする際に涙を流していたというが、“本番”でも「パクさんは95歳まで生きる人だと思っていた」と喪失感に暮れていた。

高畑監督がファンだった人間国宝の落語家、柳家小三治(78) 「案内状を出したことがないのに、年に何回かは奥様と2人で落語会にきてくれた。(故人が最後に外出したのが3月13日の自身の落語会だったと聞き)客席にはおいでになったけど、体を起こせなかったのでしょう。客席の上の方で体を横にして。そんな思いまでしてきてくれたのかと…」

「平成狸合戦ぽんぽこ」で声を担当した俳優、野々村真(53) 「改めて、こんなにすごい監督の作品に出させてもらったんだなと…。ジブリ映画に出ていると言うと尊敬してもらえるので、本当に感謝してます。自分の人生で最高の宝物です」

主な参列者

宮崎駿、鈴木敏夫、久石譲、柳家小三治、益岡徹、竹下景子、野々村真、宮本信子、瀧本美織、福澤朗、柳葉敏郎、山田洋次、岩井俊二、富野由悠季、樋口真嗣、押井守 ※敬称略

No image

柔和にほほえむ高畑勲監督の遺影。宮崎駿監督の意向で色とりどりの草花で飾られた祭壇=東京・三鷹市

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「美形」と話題の11歳・城桧吏も出演!「万引き家族」がカンヌ最高賞・パルムドール受賞
映画『名探偵コナン』が動員ランキングV6!『ピーターラビット』は2位
実写プーさん映画、ポスター公開!身長差...
元少年Aになりきった瑛太の自傷シーンはトラウマ級の衝撃!! 連続児童殺傷事件のその後『友罪』
5月21日の注目映画第1位は『万引き家族』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加