ハリル17分9秒の円陣、ベルギー戦へ真価問われる

ハリル17分9秒の円陣、ベルギー戦へ真価問われる

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

練習後、子どもたちへサインするハリルホジッチ監督(左端)(撮影・江口和貴)

【リール(フランス)11日】日本代表が1-3で完敗したブラジルとの国際親善試合から一夜明け、フランス・リールで練習を行った。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は小雨の中、17分9秒と長いピッチ上のミーティングから14日のベルギー戦(ブルージュ)への準備を開始。完敗だった試合に、代表から外れている香川真司(28=ドルトムント)が観戦に訪れ、本田圭佑(31=パチューカ)はツイッターで声を上げた。ベルギー戦も注目の一戦になる。

リールに冷たい雨が降った。より寒さが増したが、練習前にハリルホジッチ監督は恒例の円陣ミーティング。ブラジル戦の感想などを伝えたが、終わる気配がない。今遠征で最長の17分9秒も続いた。ブラジル戦後に「後半、我々は勇気付けられた。後半だけなら我々が勝っていた」と手応えを得た指揮官は、次なる難敵、FIFAランク5位のベルギーとの対戦に切り替えた。

指揮官の発言とは裏腹に、注目のブラジル戦だけに、周囲の反応はさまざま。11日付のフランス紙レキップは、日本の戦いにはほとんど触れず「ブラジルはまるで散歩していた」と、王国が省エネで終わらせたと書いた。

さらに、遠いメキシコからも意見が。本田はこうツイートした。「自分が出てたとしても結果は変わっていないと言う前提で、差が縮まるどころか広がってると感じた前半30分。後半は完全にリラックスモード。この現状を問題視しないといけない。日本のサッカーが世界トップになるために何をどう改革するべきか、サッカー協会を中心に議論する必要がある」と。

同じく招集されなかったMF香川はブラジル戦をスタンド観戦。ドイツからわざわざやって来た。試合後にはロッカー室も訪問した。西野技術委員長は来訪に「そういうタイプじゃないと思っていたけど、来てくれた。ハーフタイムに少し話をして、代表への強い思いを感じた」と明かした。仲のいいDF槙野も「チームのために行動を起こしたというのは、リスペクトしかない。コートもおしゃれになったし(笑い)」と香川の変化を感じ取った。招集されている25人も、外れた大物もW杯を目指す気持ちは強い。さまざまな思いを乗せ、真価が問われるベルギー戦に向かう。【八反誠】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ミス・インターナショナル、インドネシア代表に栄冠
前半だけで3失点...日本VSブラジル戦平均視聴率16・3% 瞬間最高20・4%
手越祐也に称賛、本田圭佑へ「真剣インタビュー」
香川「自分が生きれば、もっと強くなる」/独白2
清水桜が丘は1年生FW松永が同点弾!抜擢に応え、静岡のベストイレブン、最優秀新人にも選出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加