IPカメラの顔認証対応を実現するアプライアンスサーバー

IPカメラの顔認証対応を実現するアプライアンスサーバー

  • RBB TODAY
  • 更新日:2016/11/30
No image

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)と日本電気(NEC)は29日、顔認証システムが組み込み可能なビデオマネジメントシステムをアプライアンスサーバーとして製品化し、販売活動を開始した。

同製品はネットワークカメラ(IPカメラ)用の映像管理ソフトと撮影映像を保存するサーバーをセットにしたビデオマネジメントシステム(VMS)。キヤノンヨーロッパの子会社であるマイルストーンシステムズの映像管理ソフト「XProtect(エクスプロテクト)」を、NECのサーバー「Express(エクスプレス)5800シリーズ」にあらかじめインストールし、アプライアンスサーバーとして製品化したものとなる。

両社は、24時間受付可能な保守サポートを提供し、修理サービスやシステムメンテナンスなどによりシステムの安定稼働を支援する。アプライアンスサーバーなので小規模施設においても簡単に導入でき、必要に応じてプラグイン形式で機能を拡張し、さまざまなソフトウエアと連携することも可能だ。

今回、NECの顔認証エンジン「NeoFaceR(ネオフェイス)」を活用した顔認証オプションに対応させたことにより、ネットワークカメラで録画した映像から人物を機械的かつ高速・高精度に認証・検知することが可能。防犯やマーケティング用途での業務効率化を実現できる。

12月下旬より順次出荷を開始。希望小売価格はVMS導入セット1TBモデルが53万円~、VMS導入セット顔認証エントリーモデルが129万円~、VMS導入セット顔認証スタンダードモデルが197万円~(いずれも税別)。システム構成により価格は変動する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
業務の効率化に貢献!?オフィスの個室トイレの空き状況が確認できるアプリ『Toilet IoT』
ちょっと嬉しいiPhoneの裏技3種!
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
日本のIT産業の生産性の低さの一つの理由 --- 水野 匡章
トヨタ製カーナビアプリが無料公開。使い勝手どう?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加