司令塔モドリッチ、“レアルで輝き続ける”難しさを吐露 「質の高さを示せなければ...」

司令塔モドリッチ、“レアルで輝き続ける”難しさを吐露 「質の高さを示せなければ...」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/04/23
No image

司令塔モドリッチが、レアルの一員で居続けることの難しさを吐露【写真:Getty Images】

世界最高峰のMFも感じる名門の重圧

レアル・マドリードはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で前人未到の3連覇に向け、大一番となる準決勝バイエルン戦に臨む。チームの主力であるクロアチア代表MFルカ・モドリッチは、スウェーデンのテレビ局「SVT SPORTS」のインタビューに応じ、レアルの一員で居続けることの難しさを吐露している。

モドリッチは2012年にレアルへ加入後、細身ながら正確無比なパスと冷静沈着なドリブルで定位置を確保。ドイツ代表MFトニ・クロース、ブラジル代表MFカゼミーロとはジネディーヌ・ジダン監督体制で鉄板とも言える中盤トライアングルを形成しており、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらのゴールを数多くお膳立てしている。

「僕らはいい感じでプレーしているし、チャンピオンズリーグにかけては特にそうだよ。僕らは二つの優勝候補を破ったわけだしね」と、パリ・サンジェルマンとユベントスに勝利したチームの状況に手応えを得ている。

ただ、それと同時にレアルでプレーする上で直面するのは、過酷なチーム内サバイバルだ。各国のエースクラスが集まり、なおかつファンやメディアからすべての試合での勝利、好プレーを求められる。その重圧は世界最高峰の司令塔であるモドリッチでさえも、ひしひしと感じるようだ。

「今が幸せだし、キャリアの最後までレアルにいたい」

「レアルというクラブでは、毎試合パフォーマンスの質を高いところに引き上げて出さなければならないんだ。なぜなら、それができなければクラブを去ることになるからね」

モドリッチの言葉は、ポジションを争ったライバルを見れば分かる。コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは昨夏バイエルンに去り、スペイン代表の新エース候補であるMFイスコにすら移籍の噂が絶えないほどだからだ。

そうした過酷な環境でも安定感を見せ続けているモドリッチは、高い評価を受けて然るべき存在とも言える。「僕の契約はあと2年あるからね。今が幸せだし、キャリアの最後までレアルにいたいよ」とも語ると同時に、「もし叶わなければ……」と将来的なMLS(メジャーリーグサッカー)移籍も示唆した。

それでもモドリッチの的確なゲームメイクは、今のレアルには不可欠。1日でも長くその技巧を目にしたいというマドリディスタが大半だろう。CL3連覇という偉業を達成し、その地位を確固たるものにできるだろうか。

(Football ZONE web編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【日大アメフト部“悪質タックル”問題】大学イメージにも大打撃!「スポーツ日大」権威失墜で入学希望者激減か
日大アメフト内田正人前監督「強気会見」の後ろ盾
日大アメフト部内田監督「14分の自供テープ」を独占公開
被害選手の父親が毅然と会見 「つぶせ、壊せ、殺せと息子に言われたら、どの親も起こる!」
橋下徹「日大アメフト対応はなぜ最悪か」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加