スマホのカメラは4800万画素がスタンダードになる

スマホのカメラは4800万画素がスタンダードになる

  • @DIME
  • 更新日:2019/01/13
No image

Image Credit: シャオミ

高解像度化の道をますます進む、スマートフォンのカメラ。つい先日には、とうとう4800万画素カメラを搭載した端末も登場した。

この高解像度化は撮影画質の向上だけでなく、さまざまなメリットをスマートフォンにもたらす。

かつてないほどのスピードで進化する、スマートフォンのカメラ。その最先端をご紹介しよう。

相次いで発表された、高解像度センサー

No image

Image Credit: ソニー

スマートフォンのカメラ性能を決定する最も重要な部品は、イメージセンサーだ。そしてソニーと韓国サムスンは、2018年に相次いでスマートフォン向けの4800万画素イメージセンサーを発表した。

例えばソニーの「IMX586」では、隣接する4画素に同じカラーフィルターを配置している。これにより4画素をまとめて1画素とし、1200万画素相当の高感度センサーとしても利用できるのだ。これにより、暗い場所でも低ノイズかつ明るい写真や動画が撮影できる。

さらに高画素を活かして、劣化の少ないデジタルズームも可能になる。このような特徴は、サムスンが発表した4800万画素のイメージセンサー「ISOCELL Bright GM1」にも共通している。

No image

Image Credit: ファーウェイ

そしてこれらの4800万画素センサーを真っ先に採用したのは、中国ファーウェイのスマートフォン「Nova 4」と、そのサブブランドことHonorの「View 20」だ。

両スマートフォンとも高解像度撮影や劣化の少ないズーム機能がウリなだけでなく、「TOF(Time of Flight)型センサー」を搭載している。これは、光の反射時間を利用して被写体の深度を測定するセンサーだ。

例えばView 20では人の骨格を読み取り、体型をシェイプアップ加工する機能が搭載されている。顔のシワやシミを除去する「ビューティー撮影」と同じく、女性に大いにアピールできる機能だろう。さらに、ダンスゲームなどでも自分の体の動きを読み取るセンサーとして利用できる。

画素数に頼らない高画質化技術も

No image

Image Credit: Evan Blass@evleaks

先述のスマートフォンだけでなく、2019年には数多くの4800万画素カメラを搭載したスマートフォンが登場するだろう。しかし、スマートフォンの新技術はこれだけにとどまらない。

正式発表は今後になるが、ノキアブランドの新型スマートフォン「Nokia 9 Pure View」には、なんと背面に5カメラが搭載されると予測されている。また流出したプロモーション動画では、5カメラの同時撮影によるかつてない高画質撮影やHDR、さらにはピント位置の後からの調整も可能になるという。

画素数ではプロ向けの一眼カメラにも肩を並べた、スマートフォンのカメラ。また特殊センサーやソフトウェアを組み合わせることで、その撮影の楽しさはさらに広がることになるだろう。

文/塚本直樹

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シチズン・エコドライブから大阪なおみ選手の試合着用モデル第2弾が登場
タイヤに空気を自動で注入、サンコーが低価格の小型電動ポンプ
レビュー:プルームテックの新モデル「プルームテックプラス」を吸ってみた! 吸い応え “プラス” で満足度高し!!
一番売れてるワイヤレス、世界一ノイズレスなヘッドホン...万人に愛されるオーディオ機器5選【いま欲しい2018年ベストアイテム】
モンベルのポーチ最強説! コレをリュックにつけるだけで、スマホたちを一瞬で取り出せるな~│マイ定番スタイル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加