最新ランキングをチェックしよう
限局性腹膜炎で入院の清宮 最悪手術も 数日で方向性見える

限局性腹膜炎で入院の清宮 最悪手術も 数日で方向性見える

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/03/14

【医師の見解】 福田伴男院長(横浜市・福田医院)

広島遠征のためバスに乗り込む清宮

 普通ならば、腹腔(腹部の内腔。内部に肝臓・胃・腸など)は膜で覆われているので、細菌が入ることはない。盲腸が破れて腹腔の中にばい菌が入ることなどがあるが、検査でどこから入ったのかを調べているところでしょう。
 2月下旬に急性胃腸炎になったと聞いた。腸の問題から波及した可能性はある。関係性は不明だが、完全に治ら

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「大恋愛」感動の最終回 尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)の“奇跡の瞬間”に「涙腺崩壊」の声殺到
あれから28年!『ホーム・アローン』キャストたちの今
自衛隊の“トイレットペーパー自腹問題”が、感動の結末を迎える
「もう彼とは無理...」別の男に心奪われた女が受けた、残酷な罰とは
梅宮辰夫、がん手術後のテレビ出演で見せた“激ヤセぶり”が話題! なぜかロバート秋山竜次へも心配の声が!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加