【ファッ!?】映画『鋼の錬金術師』のポスターが公開され変な風に話題 / ネットの声「大泉洋が大泉洋すぎる」「大泉洋は大泉洋役なのかな?」など

【ファッ!?】映画『鋼の錬金術師』のポスターが公開され変な風に話題 / ネットの声「大泉洋が大泉洋すぎる」「大泉洋は大泉洋役なのかな?」など

  • ロケットニュース24
  • 更新日:2017/09/07
No image

2017年12月1日、大人気漫画『鋼の錬金術師』が実写版映画として公開される。「銀魂」や「ジョジョの奇妙な冒険」と並び漫画原作の実写映画としては話題の同作だが、9月4日、初のビジュアルポスターが公開され “変な風に” 話題となっているのでお知らせしたい。

・タッカー役の大泉洋さん

世界累計発行部数は7000万部以上、壮大なスケールと世界観で人気の鋼の錬金術師。16世紀中頃のヨーロッパをモデルとする原作の世界観を再現するため、イタリアでロケを敢行するなど、かなり力を入れた製作となっている

当然ながらキャストもかなり豪華で、主人公のエド役を山田涼介さん、ウィンリィ役を本田翼さん、マスタング大佐役をディーン・フジオカさんが務めているが、いまネット上を中心に話題になっているのは、タッカー役の大泉洋さんの「大泉洋すぎるビジュアル」だ。

公開されたビジュアルポスターを見てみると、どのキャラクターからもヒシヒシと漫画らしさを感じる……が、大泉洋さんだけは大泉洋さん……。どう見ても「水曜どうでしょう」で見る大泉洋さんそのもので、中世ヨーロッパらしさのカケラもない純度高めの大泉洋さんになっている。

No image

・ネットの声

「大泉洋が大泉洋すぎる」
「大泉洋は大泉洋役なのかな?」
「水曜どうでしょうじゃないか!」
「なんで大泉洋だけ普段着なの?」
「スタッフが写り込んだのかと思った」
「思った以上に大泉洋だった」
「大泉洋が大泉洋のコスプレしてるね」

その他のキャラクターは漫画キャラチックなので、見た目のインパクトはかなりある。しかし普段着の大泉洋さんも負けてはいないどころか、むしろ目立ってしまっている。さすが北海道が生んだ個性派俳優といえるだろう。映画『鋼の錬金術師』は12月1日公開だ。

参考リンク:映画「鋼の錬金術師」
執筆:P.K.サンジュン
Photo:©2017 荒川弘/SQUARE ENIX ©2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

▼予告編動画はこちらから。

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ビデオ】30億円のブガッティや40億円のフェラーリを盗み出せ! 数々の名車が登場するクライム・アクション映画『スクランブル』いよいよ公開
9月20日の注目映画第1位は『オー・ルーシー!』
しんゆり映画祭で中野量太特集、國村隼や林遣都のトークショーも
ドレスコードは「女スパイ」 女スパイだらけのサバゲーイベント新木場で開催
リンダ・ハミルトンが「ターミネーター」新作に復帰。3部作構想練るジェームズ・キャメロンが明かす

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加