都民から募集の事業案に来年度予算8.5億円 東京都

都民から募集の事業案に来年度予算8.5億円 東京都

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/13
No image

東京都は都民から募集した子育て支援や高齢化対策の事業を進めるため、約8.5億円を来年度の当初予算案に盛り込む方針です。

採用された都民からの事業案は、インターネット投票などで得票が多かった9件です。自然のなかでの保育を積極的に行ったり、センサーなどを活用して高齢者を見守る事業のため、約8.5億円が来年度の当初予算案に盛り込まれます。一般公募された事業が予算化されれば、都道府県として初めてです。一方、当初予算案には、多摩地域や島しょ部の発展を促進するために過去最高となる交付金550億円が計上される見通しです。4日から続いた当初予算案の知事査定は12日で終わり、予算規模は2年ぶりのプラスとなる7兆460億円ほどになる見込みです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソフトバンク新卒採用、1位の特技ある人のみ応募可...就活売り手市場への大誤解
ホンダの顔、新型『シビック』が降臨!日米で「OTOKOMAE」な走りを味わってきた
ビットコインを「詐欺」呼ばわりのダイモンCEOが発言を後悔
「国民皆保険」崩壊で老後に起きる事態
ダイエー消えてもドムドムは不滅。6年ぶり新規出店で復活目指す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加