最新ランキングをチェックしよう
アメリカで65歳未満の認知症発症率が低下、調査で新たな発見

アメリカで65歳未満の認知症発症率が低下、調査で新たな発見

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2016/11/30

新たな全国調査によって、65歳未満のアメリカ人の認知症発症率が低くなっていることが判明した。米国医師会雑誌(JAMA)に掲載されたこの研究報告は、過去にアメリカで実施された地域調査や、近年ヨーロッパで実施された研究の結果を裏付けるものだ。認知症関連の疾患の有病率が低下した原因は、非常に複雑だ。しかし、理由が何であれ、これは朗報というべきだろう。とはいえ、今回の結果が「認知症を患うアメリカ人が今後減

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
豊田代議士“暴言暴行事件”絶妙なタイミングに違和感
「なんか違う!」憧れのエッチなプレイをやってみて思うこと3つ
4.5kgの肉を喰いきれ!甘太郎「肉食トライアスロン」開催-成功すればお食事券10,000円分プレゼント
【炎上5秒前】実は「違約金なしで携帯電話を解約できる方法」があったことが判明 → 大手三社は客にほぼ説明しておらず行政指導へ
小林麻央さん死去 5年生存率34.8%ステージIVを闘い抜き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加