最新ランキングをチェックしよう
通信傍受が拡大 組織的な詐欺や窃盗なども対象に

通信傍受が拡大 組織的な詐欺や窃盗なども対象に

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01

捜査機関による通信傍受の対象となる犯罪が1日から拡大されます。新たに組織的な詐欺や窃盗などが加わります。 これまで、警察などの捜査で電話やメールを傍受する対象は薬物や銃器などの犯罪に限られていましたが、1日から新たに組織的な詐欺や窃盗、強盗、誘拐、児童ポルノ犯罪などが加わります。社会問題化している振り込め詐欺や組織的な窃盗などに対応する狙いがあります。また、今後は通信事業者の立ち会いが不要になり、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
最強クラス ハリケーン「マリア」
九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
【国民の自衛官 横顔(3)】急患空輸9000回 離島の「命」をつなぐ 陸自第15ヘリコプター隊
数億円詐取か、詐欺グループのリーダー逮捕
秋田新幹線、クマと衝突→県民「またか」 驚かない理由は...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加