最新ランキングをチェックしよう
通信傍受が拡大 組織的な詐欺や窃盗なども対象に

通信傍受が拡大 組織的な詐欺や窃盗なども対象に

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01

捜査機関による通信傍受の対象となる犯罪が1日から拡大されます。新たに組織的な詐欺や窃盗などが加わります。 これまで、警察などの捜査で電話やメールを傍受する対象は薬物や銃器などの犯罪に限られていましたが、1日から新たに組織的な詐欺や窃盗、強盗、誘拐、児童ポルノ犯罪などが加わります。社会問題化している振り込め詐欺や組織的な窃盗などに対応する狙いがあります。また、今後は通信事業者の立ち会いが不要になり、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
室井佑月「メンバー代え求む」
蓮舫辞任の朝に朝日新聞が出したお詫びの記事
高速道路二輪車料金半額の署名「289選挙区の国会議員に直接渡す」...ライダーが新手の訴え
化学工場で火災、4人がやけど 千葉・茂原市
87歳女性“不審電話”を見抜いて通報 受け子逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加