最新ランキングをチェックしよう
通信傍受が拡大 組織的な詐欺や窃盗なども対象に

通信傍受が拡大 組織的な詐欺や窃盗なども対象に

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01

捜査機関による通信傍受の対象となる犯罪が1日から拡大されます。新たに組織的な詐欺や窃盗などが加わります。 これまで、警察などの捜査で電話やメールを傍受する対象は薬物や銃器などの犯罪に限られていましたが、1日から新たに組織的な詐欺や窃盗、強盗、誘拐、児童ポルノ犯罪などが加わります。社会問題化している振り込め詐欺や組織的な窃盗などに対応する狙いがあります。また、今後は通信事業者の立ち会いが不要になり、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本三大奇祭、裸祭り「西大寺会陽」 岡山市
「アスクル」火災 丸3日経過も...鎮火のめど立たず
女子中学生を林に連れ込み“乱暴” 夜道の女性を...
下半身燃えている男「焼き殺す」 地下鉄で18人けが
横浜市内最長トンネルに「スパゲティ」状態のJCT 3月開通、首都高横浜北線の全貌
  • このエントリーをはてなブックマークに追加