ロッテ涌井が室内トレ 海外FA移籍は長期戦覚悟

ロッテ涌井が室内トレ 海外FA移籍は長期戦覚悟

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/05
No image

ロッテ涌井

メジャー移籍を目指し、ロッテから海外FA権を行使した涌井秀章投手(31)が5日、ZOZOマリンでトレーニングを行った。

ランニングに続き、室内で内とキャッチボール。メジャー球ではなく、NPB球を使用した。その後は、ウエートトレーニングと精力的に体を動かした。

移籍交渉の状況については「(進展は)ありません」と多くは語らなかったが、もともと、長期戦は覚悟の上。来るべき時に備え、明るい表情で汗を流していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
胃がんからの復帰を目指す! 広島カープ赤松選手が術後初の講演会
阪神・和田TA、「タイガースアカデミー」特別顧問就任
東洋大がV祝賀会 勇退の高橋監督「優勝で終われて幸せ」/東都
「ジョーダン」じゃない!ヤクルト、手薄の左腕・アルメンゴ獲得
巨人が前中日ゲレーロ獲得 V奪回の使者に2年契約総額8億円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加