香川真司、独メディア評価二分。「観客気分でピッチを歩く」「最もアクティブだった」

香川真司、独メディア評価二分。「観客気分でピッチを歩く」「最もアクティブだった」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/12/07
No image

ボルシア・ドルトムントの香川真司【写真:Getty Images】

現地時間6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第6節が行われボルシア・ドルトムントはレアル・マドリーと対戦した。試合はアウェイのドルトムントが2-3で敗れた。

この試合に後半ロスタイムまでプレーした日本代表MF香川真司に対する独メディアの評価は分かれた。

『ラン』では「0-2になった後、シンジ・カガワはプレーにやる気が感じられなく観客になった気分でピッチをただ歩いていた。それでも27分にはゴールチャンスを迎えるも得点を決める事が出来ず、後半に入ると意欲的に駆け回り試合終了直前に外してしまうが再びゴールチャンスを作った」と寸評しチーム最低タイとなる「5」を付けた。

『sportbuzzer』は「カガワはミスもあったがピッチを動き回りドルトムントの中盤の選手の中で最もアクティブだった。一方でこの日本人はビッグチャンスを決められなかった」と評価し及第点となる「3」を付けた。

『レヴィア・シュポルト』は「シンジ・カガワは27分にチーム最初のチャンスを作ったがシュートは相手DFにブロックされ得点とはならなかった」とし「3」の評点を与えている。(ドイツの採点は「6」が最低で11段階に分けて表され、数字が小さいほど評価が高いことを意味する)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スペイン代表、ロシアW杯出場権はく奪の可能性が浮上...FIFAが政治干渉を警告
【ウインターカップ2017 コラム】U16日本代表候補は1年生ながら40分間フル出場。東山撃破に大きく貢献(星川堅信/洛南)
酒井高徳、3試合ぶり出場も敗戦...16位以下での折り返しが決定。伊藤達哉は出番なし
120分間の死闘2連戦も...パチューカ指揮官、本田は「プレーできる状態だ」
Instagram、日本で最も人気だったハッシュタグは?<2017年ハイライト>

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加