【識者の眼】香川真司がハリルJの中心になるために。発揮すべき「影響力」、試みるイメージの共有

【識者の眼】香川真司がハリルJの中心になるために。発揮すべき「影響力」、試みるイメージの共有

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/10/12
No image

日本代表MF香川真司。ハイチ戦では終了間際に同点ゴールを決めた【写真:Getty Images】

「ドルトムントと似ている感覚で意識して入りました」

10月10日、キリンチャレンジカップ2017で日本代表はハイチ代表と3-3で引き分けた。2-3と1点ビハインドの状況から同点ゴールを決めたのはMF香川真司。ロシアW杯アジア最終予選最終盤には出場機会が減っていたが、本大会で背番号10がハリルJの中心的役割を担うために必要なものとは。(取材・文:河治良幸)

——————————

「僕はただ待っていたというかシュートを見送るだけだったけど、いいところに来たから触りました」

最後に同点ゴールを決めた香川真司は振り返った。

左サイドを走りながら原口元気のパスを受けた車屋紳太郎がマイナスに折り返すと、大迫勇也と武藤嘉紀が縦に走ることで生じたペナルティエリア内のスペースに香川が走り込んだ。しかし、ハイチのディフェンスも粘り強く付いてきたことで結果的に香川は潰れファーに流れる。

そこに攻め上がっていた酒井高徳が左足を振り抜くと、潰れた勢いで前のめりに転がっていた香川が咄嗟にボールの軌道を変えてゴールネットを揺らした。

「両サイドがあそこまでリスクを高めた段階でビッグチャンスが生まれた」と振り返るシーンは起死回生の同点ゴールにつながったことはもちろん、後半最も速さと連動性をともなった攻撃だった。

立ち上がりから攻め込む中でそれぞれの選手が持ち味を出して2得点というところまでは良かった。だがそこから追加点を奪えず、徐々にハイチが盛り返してきた状況で、落ちつかせるのか点を取りに行くのかという意思疎通が整わないまま攻守の切り替わりで生じた隙とリスタートの対応が甘くなったところから2失点。ハイチが局面で本来の個の強さを発揮し出したこともあるが、自分たちから首を締めるような展開になっていた。

「ドルトムントと似ている感覚で意識して入りました」

香川が改善を意識していた3つの要素

香川が投入されたのは2-2でむかえた後半14分だった。所属クラブと同じ[4?3?3]のインサイドハーフに入った香川が改善を意識した要素は大きく3つあったようだ。

(1) ボールを速く動かし相手の守備を揺さぶる
(2) 後ろから効果的な縦パスを引き出す
(3) 両サイドバックを高い位置に引き上げ、攻撃の厚みを出す

この3つをイメージしながらポジションを動かし、ボールを持てば素早く乾や大迫に付けて、動き直して縦に入るというプレーが見られた。

しかし、そうしたプレーによっても全体の流れを大きく変えることはできなかった。スタートから入っていた選手と途中から投入された選手のビジョンがなかなか共有されず、連動が生まれなかったのだ。

「みんなが攻撃的に行っている分、人数はいますけど、コンビネーションや連動性はやはりなかなか生まれてなかったですし、また後ろからゲームコントロールしながら前に進むって意味でも、なかなかできず、前の選手ももちろんタイミングを合わせづらかった」

連動性に関して試合後の談話で「香川選手がボールを持った時、前線の選手にもっとフリーのスペースに走ってもらいたい?」という質問が出たが、香川はそれを否定した。「いや、走る必要はないです」と香川。“走る必要がない”の意味はそれが必ずしも連動を意味するものではないということだろう。

「連動性と言うか、何だろう。1対1での関係性しかないから今は。じゃあ(ボールが)入った時にサイドが上がるのか、周りの選手がボールを受ける準備ができているのかとか、そこの準備であったり距離感。前半(の立ち上がり)を見ていてもだいぶいい感じで、できていたところは沢山ありましたけど、後半は停滞していたかなと思う」

香川が指摘するのは主に組み立てのところだが、前半の途中までとそれ以後、特に2失点してから全体の中でプレーにバラツキが起こり、後半は相手が引いたこともあり、その手前で攻撃がしばらく手詰まりになってしまっていた。

その中で香川や大迫が投入されたわけだが、その効果を出そうとしていた矢先に逆転ゴールを許してしまい、さらに状況は難しくなった。

チームの良いリズムをもたらすために。求められる中盤からの影響力

しかし、武藤嘉紀が入り、原口が右サイドから左に回ったところからハリルホジッチ監督が求める縦のダイナミズムと香川や大迫の起点のプレーが噛み合うようになった。

それにより後半から左サイドバックに入った車屋紳太郎も高い位置にポジションを取るだけでなく、動きを出しながらボールを受けクロスに持ち込めるようになった。

そうした時間帯の流れからすれば、後半アディショナルタイムのゴールにも必然性があったが、香川がチームを救う働きをしたことは間違いない。

ただ、中盤からより影響力のあるプレーでチームの良いリズムをもたらし、持続させることができるかは香川が再び押しも押されぬ中心になるためのテーマになる。

さっそく試合後には大迫や武藤、酒井高らとディスカッションをしていた香川。その内容は「どうやって攻撃をしかけていくのかってところで、どうやってリズムを作っていくか、ゲームをコントロールしていくか」といったことだった。

なかなか自分のプレーだけで攻撃のリズムを良くすることはできない。大事なのは仲間とのイメージ共有。試合でいきなりやるのではなく、準備段階から積み重ね、試合の状況に応じて工夫していくべきものだ。監督の基本的な方向性や要求はあるが、ピッチに入れば選手が判断してプレーしていく必要がある。

香川はそうしたところで影響力を持つべき時期に来ているが、最終予選の終盤に出場できず、先発したニュージーランド戦も手探り感はいなめなかった。

その香川にとってチームを敗戦の危機から救うハイチ戦のゴールは今後に大きくつながる一撃だろう。次は指揮官が「世界の1位と2位」と評価するブラジルとベルギーとの対戦が待つが、まずはクラブでパフォーマンスを上げることが求められる。

(取材・文:河治良幸)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
埼玉・春日部市長選、8票差で決まる 現職・石川良三氏が4選
日本維新の会・松井代表「地元大阪においても競り負けた」
こころ、党存続厳しく【17衆院選】
なでしこジャパンは本当に弱体化しているのか――。スイス監督が言及「2年前とは......」
強みを出すことにこだわる時期。2発の青森山田FW中村「駿太が来てくれて良かった」と仲間が思うような結果を
  • このエントリーをはてなブックマークに追加