MS、有料版Outlook.comを米国で提供開始 - 広告フリー、独自ドメイン対応

MS、有料版Outlook.comを米国で提供開始 - 広告フリー、独自ドメイン対応

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/20

米Microsoftは10月18日(現地時間)、「Outlook.com Premium」のパブリックプレビューを米国で開始した。

Outlook.com Premiumは、広告が表示されない有料版のOutlook.comだ。料金は年額49.99ドル(プロモーション期間中は年額19.95ドル)。

No image

メールの一括処理や重要なメールのピン留め、ブロックなどを用いて手間なく受信トレイを整理可能。OneDriveやSkype、Office Online、OneNoteといった同社が提供する様々なサービスと連携する。Premium版は独自ドメインの設定(年額10ドル、1年目は無料)をサポートしており、最大5人分のカスタムメールアドレスを作成して、既存のOutlook.comと同期できる。同じドメインを持つメールアドレスでは、カレンダーやコンタクト、ドキュメントなどの共有関係が自動的に設定される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
電力いらず。身近な液体を使った新たなコミュニケーション機器とは?
このメガネ、ヘッドホンなんです...骨電動ユニットを内蔵した「Vue」
カセットテープからSDカード&USBメモリに録音OK!東芝、CDラジオカセットレコーダー発売へ
どこでも使えるボットが必要だ
日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加