崖っぷち対決を制したの大宮!江坂任が殊勲の決勝点。新潟は3試合連続無得点で今季17敗目...

崖っぷち対決を制したの大宮!江坂任が殊勲の決勝点。新潟は3試合連続無得点で今季17敗目...

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/08/13
No image

大宮の江坂が、強烈な左足ボレーで決勝点を突き刺した。写真:田中研治

[J1リーグ22節]大宮1-0新潟/8月13日/NACK

残留争いの崖っぷちにいる16位・大宮と18位・新潟の対戦は、1-0でホームの大宮が勝利した。

決勝点が生まれたのは73分のことだ。FKのセカンドボールを拾った大前元紀が、ゴール前にアバウトな浮き球を送る。これを河本裕之が頭で落とし、江坂任が1トラップから左足を振り抜いてゴールネットを揺らした。

エースの1点で6試合ぶりの勝点3を得た大宮の伊藤彰監督は、「お互いに負けられない戦いで本当に最後は苦しかったが、勝点3を取れて良かった」とコメント。順位は16位のままだが、残留圏内となる15位・札幌に勝点差1まで詰め寄る大きな1勝をものにした。

厳しくなったのは新潟だ。これで今季17敗目を喫したアウェーチームは、いまだ勝点がひと桁台の”9”。得失点差も-32と大きく落ち込んでおり、まさに後がない状態だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バナナを被る覚悟は?!川崎F内定MF守田英正&MF脇坂泰斗と川崎F育ちMF三笘薫が語る
C大阪、ダチョウ倶楽部が鹿島戦に来場...試合前、ステージに登場
「僕はやっていない」退場者誤認は明らか...家本主審の“大誤審”町田は口頭意見
C大阪、水着の次はダチョウ!8・26鹿島戦にダチョウ倶楽部J初緊急参戦
豪華メンバーにふたりの名将も集結! オールドファンの胸を熱くさせた「国見vs.帝京」が実現
  • このエントリーをはてなブックマークに追加