プーチン大統領、4回目の大統領選に出馬表明

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/12/07

ロシアのプーチン大統領は2017年12月6日、18年3月に行われる大統領選挙に立候補する考えを表明した。通算4回目の立候補となり、当選すれば24年まで在任することになる。

西部のニジニ・ノブゴロドにある自動車工場の集会に出席し、参加者からの要請に応える形で立候補の考えを表明した。国民からの高い支持率もあり、出馬すれば再選が確実視される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
WTO、保護主義を懸念=米の対応焦点-閣僚会議開幕
国民投票の成立要件として法定投票率の導入検討を
原発再稼働めぐり「推奨」VS「論外」 温暖化対策会議と新聞論調
政府が3%の賃上げを要請、ただし年収は増えない可能性も
内閣支持率43.6% 前回に比べ横ばい ANN世論調査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加