日本ハム清宮、野球博物館で刺激「いずれは名前を」

日本ハム清宮、野球博物館で刺激「いずれは名前を」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/11
No image

野球殿堂博物館に展示されている高校通算111号本塁打のパネルにサインを入れた日本ハム清宮

日本ハムのドラフト1位清宮幸太郎内野手(18=早実)が11日、東京都内のホテルで行われた「NPB新人選手研修会」に参加した。午前中には野球博物館を見学。「いずれは自分も、ここに名前を連ねられたらと思いました」と、目を輝かせた。

午後からは、アンチドーピング活動や税金、薬物乱用防止などさまざまなテーマの講義を聴講したほか、ヤクルトや米大リーグなどで活躍した岩村明憲氏(38)の講演に耳を傾け「どんな人間になっていかないといけないかを教えられた。良い大人になれたら」と、感想を口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松坂の中日入団テスト中 選手のブルペンは使用不可に
Qちゃんに学んだ!ロッテ・佐々木、今季はスマイル全開
入団確実視...松坂大輔が中日に与える計り知れない影響
ロッテ田村にノルマ打率.280“ずっと8番じゃダメ”
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加