スノボ 転倒で担架搬送の戸塚優斗 意識ははっきり 腰部の痛み訴える

スノボ 転倒で担架搬送の戸塚優斗 意識ははっきり 腰部の痛み訴える

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/15
No image

男子ハーフパイプ決勝 2回目の演技で転倒し、担架に乗せられる戸塚優斗=平昌(共同)

「平昌五輪・スノーボード男子ハーフパイプ・決勝」(14日、フェニックス・スノーパーク)

予選10位で決勝進出した戸塚優斗(ヨネックス)が2回目のランでエアの着地をミス。激しく雪面に叩きつけられ、横たわったまままったく動けずに担架で搬送された。

JOC関係者によれば、意識ははっきりしているといい、腰部の痛みを訴えているが、大きなケガではないという。

JOCは午後3時40分、戸塚の負傷について、「平昌大会組織委員会指定病院に搬送され、CTにて全身を検査したところ、骨折はみられなかった。打ち付けた腰に痛みは残っているが、選手村に戻る予定」と検査結果を発表した。

戸塚は決勝1回目では最後のエアで転倒し、39・25だったが、3回目は棄権した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
小室家と神道系新興宗教の関係を週刊新潮が報道
日本の家電製品にほとんどついている「2つの穴」、そんな大きな意味があるなんて知らなかった!=中国メディア
【ネコの日】無印良品の「人をダメにするソファ」を猫が気に入った結果...悲劇が!
篠崎愛の風呂上がり“全裸ターバン”暴露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加