[最新ATPランキング]A.ズベレフが再びトップ3に向けてにじり寄り4位に、ワウリンカの2位上昇は復活の兆しか?

[最新ATPランキング]A.ズベレフが再びトップ3に向けてにじり寄り4位に、ワウリンカの2位上昇は復活の兆しか?

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2018/02/15
No image

ATP(男子プロテニス協会)は2月12日、最新の世界ランキングを公表した。トップ10では、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が再び、順位を1つ上げて4位に入りトップ3ににじり寄ったほか、スタン・ワウリンカ(スイス)も2つ順位を上げており、再びトップ10入りを窺う形になった。

今回のATP世界ランキングでは、ズベレフが4位になった一方で、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)が5位に後退。トップ10圏内ではほかに変動はなく、落ち着いたランキングだった。

一方、数多くのトップ層の選手が怪我などの故障によりツアーを離脱していたが、明るい兆しもまた一つ見えてきた。今回のランキングで、「全豪オープン」から復帰していたワウリンカが、2つ順位を上げて13位となり、トップ10までもう少しという位置を確保した格好だ。

また、錦織圭(日本/日清食品)や杉田祐一(日本/三菱電機)ら日本人選手の順位にも目立った動きはなかった。錦織は27位と前週と変わらず、杉田も変わりなく41位に留まった。

その他の目だった動きとしては、ミルザ・バシッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)が52位分も一気にランキングを引き上げ、77位と100位圏内に入ってきた。同選手は2月5日から11日にかけて開催された「ソフィア・オープン」で優勝しており、その結果が反映された格好だ。

◇   ◇   ◇

【2月5日付最新ATPランキング】

順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1.(1)ラファエル・ナダル(スペイン) 9,760
2.(2)ロジャー・フェデラー(スイス) 9,605
3.(3)マリン・チリッチ(クロアチア)  4,960
4.(5)アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 4,450
5.(4)グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア) 4,425
6.(6)ドミニク・ティーム(オーストリア) 4,060
7.(7)ダビド・ゴファン(ベルギー) 3,400
8.(8)ジャック・ソック(アメリカ) 2,880
9.(9)フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン) 2,815
10.(10)パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン) 2,705
11.(11)ケビン・アンダーソン(南アフリカ) 2,620
12.(12)サム・クエリー(アメリカ) 2,490
13.(15)スタン・ワウリンカ(スイス) 2,475
14.(13)ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 2,470
15.(14)ニック・キリオス(オーストラリア) 2,395
16.(17)ルカ・プイユ(フランス) 2,335
17.(16)トマーシュ・ベルディヒ(チェコ) 2,320
18.(18)ジョン・イズナー(アメリカ) 2,230
19.(19)ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス) 2,050
20.(21)アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン) 1,985

------------------------

27.(27)錦織圭(日本/日清食品) 1,655

41.(41)杉田祐一(日本/三菱電機) 1,235

77.(129)ミルザ・バシッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ) 703

(テニスデイリー編集部)

※写真は2017年の「BMWオープン」でのアレクサンダー・ズベレフ
(Photo by Alexander Hassenstein/Getty Images For BMW)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ワウリンカはイバシュカとの2回戦で膝の不調から途中棄権[オープン13 マルセイユ]
錦織のアカプルコ入りを歓迎
ブシャールがUSTAと和解、全米OPでの転倒めぐる裁判で
王者フェデラー、ドバイ選手権は見送り ワイルドカードを辞退
昨年覇者のティームは完敗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加