カーリング日本女子が白星発進 米国を下す 微妙なメジャー測定もミリ単位で得点奪う

カーリング日本女子が白星発進 米国を下す 微妙なメジャー測定もミリ単位で得点奪う

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/15
No image

初戦の米国戦に勝利し、抱き合って喜ぶ(左から)鈴木、吉田知、吉田夕、藤沢=江陵(共同)

「平昌五輪・カーリング女子・1次リーグ、日本10-5米国」(14日、江陵カーリングセンター)

世界ランキング6位の日本は、同7位の米国と対戦し、初戦を勝利で飾った。

女子日本代表のLS北見は、主将の本橋麻里がメンバーから外れ、リード・吉田夕梨花、セカンド・鈴木夕湖、サード・吉田知那美、スキップ・藤沢五月の4人で試合に臨んだ。

第3エンドまでに7-0とリードしたが、第6エンドで3点、第7エンドに1点を失い、3点差にまで迫られた。

そして迎えた第8エンドでは、お互いのナンバー1が同じような互角の位置に止まり、メジャー測定され、4度も測定が繰り返される微妙なミリ単位の差で日本が1点を獲得し、9-5とした。

第9エンドでも1点を奪うと、米国がギブアップし、日本が白星発進となった。

1次リーグは10チームの総当たりで行われ、上位4チームが準決勝に進む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
櫻井翔キャスター、平昌入りで現地日本選手団スタッフに最警戒されるワケ
DAZN新CM カズ“侍”に
カーリングの世界を変えた、男子選手たちの神すぎる「取材対応」
主将・本橋麻里は苦笑「がっつり負けました」/カーリング
カーリング女子日本代表に帯同する、あのイケメン外国人は何者か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加