【京都ぶらり散策】囲碁好きの聖地!囲碁の三大タイトル戦『本因坊』の発祥地【寺町】

【京都ぶらり散策】囲碁好きの聖地!囲碁の三大タイトル戦『本因坊』の発祥地【寺町】

  • Kyotopi [キョウトピ]
  • 更新日:2017/09/17

寺町通二条上がった辺り。ちょうど老舗茶舗・一保堂のあたりにあるモニュメント。囲碁好きの人には聖地的場所。囲碁の三大タイトル戦名『本因坊』もここから来てるんだとか。

囲碁界では有名な『本因坊戦』の語源となる場所

No image

寺町通。天正17年(1589)頃 豊臣秀吉の都市計画により洛中の寺院が集められたことに由来し、この名がつけられました。

おなじみの老舗茶舗・一保堂。

No image

そのすぐ近くにこんなモニュメントが。ちゃんと足をとめて見たのは初めて。

No image

戦国時代、ここにはもともと「寂光寺(じゃっこうじ)」というお寺があり、1708年の宝永の大火が原因で左京区に移転。その寂光寺・塔頭のひとつに「本因坊」があった場所。

そして、その本因坊には囲碁の名人だった僧侶・日海(にっかい)がいました。日海は戦国三大武将の織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に囲碁を指南したほどの名人。

さらに家康の時代には幕府の碁所(ごどころ)を任され、本因坊算砂(ほんいんぼうさんさ)と改名。本因坊の名は囲碁界で家元(本因坊家、井上家、林家、安井家)となり、世襲制に。

No image

第21世の秀哉(しゅうかい)は、真の実力者が本因坊を名乗るべきとしてその名跡を日本棋院に譲り渡し、昭和11年(1936)、今なお続く選手権制の「本因坊戦」が誕生。

No image

こちらには碁盤のモニュメントがあるんですが、2009年(平成21年)1月10日の打ち初め式が行われ、今村俊也九段と滝口政季九段によって、実際ここで碁が打たれたそうです。

私自身、そんなに囲碁に詳しいわけではありませんが、ここがそんな歴史的場所であったとは。まだまだ知らない世界が京都にはあるんだなぁと。奥が深い。

本因坊 へのツイート

詳細情報

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
猫はかわいい。鳥もかわいい。合体させたら無双じゃね?コラ職人が試してみた。
バブってる...! 大阪府立登美丘高校のダンスをみて! 別格すぎる!
学生証の写真が「コスプレ大会」と化している高校がある / 生徒が「好きな服装で証明写真に写ってOK」と言われ...
【リピート不可避】登美丘高校ダンス部の「バブリーダンス」がキレキレすぎてヤバいと話題
有名バイク対決「ハーレー vs ハヤブサ」はどちらが速いのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加