平愛梨、流行語受賞で涙&笑顔の"アモーレ"「この言葉に支えられました」

平愛梨、流行語受賞で涙&笑顔の"アモーレ"「この言葉に支えられました」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/01

女優の平愛梨が1日、東京・帝国ホテルで行われた「『現代用語の基礎知識』選 2016ユーキャン新語・流行語大賞」の授賞式に登場。婚約者のサッカー日本代表・長友佑都選手とともに「(僕の)アモーレ」でトップ10に選ばれた平は、涙で言葉をつまらせながら、「2人で一緒にいただけた賞を大切にします」と力強く語った。

No image

「(僕の)アモーレ」が流行語トップ10に入った平愛梨

「アモーレ」は、長友選手が平との交際宣言をした際に発した、大切な人を呼ぶときの言葉。平は「長友さんに『アモーレ』と言っていただいて、周りの沢山の方から『アモーレ、アモーレ』と温かく声をかけていただきまして、遠距離(恋愛)の私はこの言葉に支えられました」と涙ながらに語った。

また、「私にとっては、とても大切な言葉。皆さんが『アモーレ』と沢山いろんなところで発してくださったおかげで、2人で一緒にいただけた賞を大切にします」と宣言した。

そして、司会の生島ヒロシに、長友選手へのメッセージを振られると、「勝負をする方なので、こんな私なんですけど、末永くよろしくお願いします」と述べ、会場からは大きな拍手が。イタリアリーグで活躍中の長友選手は、今月末に帰国予定だといい、結婚については「その時にお伝えできればなと思っています」と予告し、最後に記者から求められ、笑顔で「アモーレ!」と言って会場を去った。

No image

「ゲス不倫」でトップ10入りの週刊文春編集部"ふみはる"

なお、欠席した長友選手もメッセージを寄せ、「大切な人に向けた言葉が日本の多くの人に使っていただき、今回の賞をいただいたことを心からうれしく思います。僕自身がすごく好きな言葉なので、もっと多くの人に使ってもらえるとうれしいです」と喜びを示した。

こうしてさわやかな言葉が受賞した一方で、今回は「ゲス不倫」もトップ10入り。受賞した週刊文春編集部から、張り込み担当記者が"ふみはる"と名乗る覆面姿で登壇し、「本来ならば取材対象者でありますベッキーさんですとか、宮崎前衆議院議員がもらう賞だと思うんですけど、代表していただきます」とあいさつした。

司会の生島は「ベッキーの所属するサンミュージックの社長に電話して、ぜひとも来てほしいと言ったんですけど…」と依頼したものの実現せず。"ふみはる"は「一緒に受賞したかったです」と残念がったが、生島に「殴られるんじゃないでしょうか」と言われてしまった。

No image
No image
No image
No image
No image
No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
ミキティの“鬼嫁”っぷりに、もう限界!? 庄司智晴が仕事のない日も「仕事に行ってきます」と......
“全裸×指1本”絶妙な自撮りが流行中
高橋ジョージ「新事実」発言で、三船美佳への批判強まる
成宮寛貴「深夜にお菓子男子したった」疑惑→知育菓子14種集めて調査してみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加