ついに世界初のマラリア・ワクチンが接種開始...アフリカの3か国

ついに世界初のマラリア・ワクチンが接種開始...アフリカの3か国

  • らばQ
  • 更新日:2019/04/25
No image

WHOによると、マラリアは2016年だけで2億人以上が感染し、40万人が死亡していますが、長年にわたってワクチンの開発は難航していました。

しかし2013年に悲願であったワクチンの実用化に成功。4月24日、アフリカのマラウイでワクチン接種が開始されました。

Malawi Starts First Immunization Drive With Malaria Vaccine

ワクチンの名前は「モスキリックス」“Mosquirix”。

24日、マラウイの首都リロングウェで接種が行われました。数週間以内にケニアとガーナの2国でも開始される予定で、対象となる幼児は36万人の見込み。

長期の臨床テストによってワクチンの安全性は確保されており、接種によって感染確率を40%下げ、重症化する確率も半減するのだとか。

完全に感染を防ぐわけではないため、これまでの予防も併用していく必要はありますが、マラリアの蔓延を著しく減らすことに繋がるのではないかと期待されています。

【ついに世界初のマラリア・ワクチンが接種開始…アフリカの3か国】を全て見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
冥王星の海、なぜ凍らない?=ハイドレート層が保温か-北大など
幸せホルモン「オキシトシン」自閉スペクトラム症の表情豊かに 治療効果確認
自分の体で人体実験を行うバイオハッカーが「ライセンスを持たずに医学実験を行った」として捜査対象に
LEDライトは目を損傷する、フランス保健機関が警告
Googleの肺がん検出AIは既に人間の医師よりも優れているという研究結果
  • このエントリーをはてなブックマークに追加