大谷 専門家も驚く目力 角膜、瞳孔、視力、左右

大谷 専門家も驚く目力 角膜、瞳孔、視力、左右

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/12
No image

10日、サングラスを外す大谷

「投」「打」だけでなく、「目」も超一流だった。エンゼルスの大谷翔平投手(23)が11日、日本ハム2軍施設の千葉・鎌ケ谷で自主トレを行った。練習の合間には、契約を結んでいるアイウエア製造会社「オークリー」の測定を受けた。同社の担当者は「お世辞抜きに完璧。角膜形状、瞳孔間距離、視力など、左右差もなく、完璧。驚きました」。同社では800人を超えるプロ野球選手、トップアスリートの目の測定をしてきたというが、大谷の目はトップランクだということが明らかになった。

測定では、単純な視力だけではなく、明暗など違った条件下での見え方など、さまざまな要素で現在の目の状態を探る。現代はスマホの使用などで、たとえ視力はあったとしても「みんな大なり小なり(衰えや欠点が)あるもの」(同担当者)だというが、大谷にはないという。左右のバランスも良く、たとえば打撃の際にコースによる見えづらさも生じない。「ご両親の遺伝もあるのだと思うけど…」と、専門家も驚きを隠せなかった。

今後は、日本と環境の違うメジャーの球場に応じたサングラスなど、“エンゼルス仕様”のアイウエアを用意する。この日も約90メートルの遠投やマシン打撃で汗を流した大谷だが、用具に関しても渡米準備は着々と進められている。【本間翼】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
異例! フットサル1部神戸が自らの判断で2部降格
巨人の「8」、広島の「1」 チームの顔「1桁背番号」の“空席”事情
平野美宇、夢の情熱大陸出演に“年齢制限”の壁が...
ソフトB岩崎もう1頂 パ初3ハードル越える 2年連続の最優秀中継ぎ&防御率1点台&70試合登板 「もう1年やって超一流」
日本復帰なら...中日 イチロー獲り 森監督意味深「話は進めてある」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加