「枠に飛ばせば何かが起こる!!」...FC東京DF室屋成、思い切りの良さから生まれた先制弾

「枠に飛ばせば何かが起こる!!」...FC東京DF室屋成、思い切りの良さから生まれた先制弾

  • ゲキサカ
  • 更新日:2020/01/29

[1.28 ACLプレーオフ FC東京 2-0 セレス・ネグロス 東京ス]

 キックオフを迎えると雨脚は強くなった。ところどころに水たまりができ、ショートパスやドリブルはまともに使えない。厳しい状況の中、「どうやって点を決めようかと思っていた」というFC東京のDF室屋成。先制点は、その右足から生まれた。

 ボールをつなげない以上、割り切ったロングボールが増える展開に。圧力を掛けながらも、抜け出

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加