楽天4位渡辺佑樹が初ブルペン、目標はソフトB和田

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14

楽天のドラフト4位左腕、渡辺佑樹投手(22=横浜商大)が14日、仙台・泉グラウンドでの新人合同自主トレで初めてブルペン入りした。

捕手を立たせて36球。時折、抜ける球があったが「抜けるボールも多かったんですけど、良いボールもあったのでそれを増やしていければ。今日はまっすぐをしっかり指にかけて、自分の感覚で投げられればと思っていました。どんな時にボールが抜けるかも感覚として分かっているので、それをしっかり修正していければ」と感想を口にした。

理想は同じ左腕のソフトバンク和田。「ああいう(キレのある)ボールを投げたいというのがあります。スライダー系のボールをもっと磨いて。ツーシーム、チェンジアップはある程度のボールがあるので。スライダー、カット系のボールを覚えていければ」。

横浜商大の佐々木正雄監督が亡くなった故星野仙一球団副会長と親交があり、渡辺佑も「しっかり優勝に貢献して(星野副会長に)良い報告ができればと思います」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
栗山監督が一日警察署長 ミッキーマウスは大谷似
大幅戦力入れ替えの鍵を握る新外国人4選手...2018年日本ハムの助っ人陣容
巨人・田口 自主トレ先のハワイから帰国「有意義な時間を過ごせた」
入団確実視...松坂大輔が中日に与える計り知れない影響
【MLB】エンゼルス大谷翔平、米野球専門誌が選ぶ若手有望株トップ100で堂々の2位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加